« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月02日

       よりたくさんの人の耳に届けばいい。

MuKu Compilationのプロモーションで
SHIBUYA-FMさんにお邪魔させて頂きました。
出演は俺と舘さん、GEWGAWの吉田、DIW THE GARDENの谷口さんの4人。
いつもの面子なので終始にぎやかに、楽しい生放送になったと思います。

こうやって少しずつ活動が増え、よりたくさんの人の耳に届けばいい。

その為には力は惜しまないので、
もし何かこういった機会を設けていただけそうな方いましたら、是非ご一報をください!


以前このブログで紹介したフクシマッカートニーくんが
Release Partyに遊びに来てくれて、熱い反応をしてくれていました。
彼のブログに飛んでみてください!

2008年05月05日

       “思い出旅行”

今日は一日中、部屋の掃除をしてました。
とはいっても半分は、“思い出旅行”。

みなさんも部屋の掃除をしてる途中で、
昔の写真や手紙などに夢中になったことがあることでしょう。

俺の場合、
歌のフレーズを録音した膨大な量のカセットテープやライブのビデオテープ類が多く残っていて、
それにハマるとなかなか戻って来れない。

カセットテープは、ここ数年の間で何回か聴いていたけど、
昔のライブ映像はあまり観ないようにしてた。

だって恥ずかしいでしょ、
自分の若気の至り、うぬぼれ全盛期をリアルに見せつけられるのは。

だけど今回は観る時期が来た感じがして、デッキにテープを入れてみた。


悪くない。声も出てるし、演奏も想像してたよりはよくやってる。

そして驚いたのは
当時納得いっていなかった曲が、今はよく聴こえる。


その頃の俺は対外的にはいつだって、強気な姿勢は崩さなかった。

だけど実は自分自身を否定していた。まったくバランスが取れていない状態。
もちろん映像にそれは微塵も映っていない。

メジャーという世界の重圧か。
それとも欲を出しすぎた結果、現実との埋まらないギャップによるものか。

その理由はハッキリしない。

あまり人を信用してなかったということもあるかもしれないし。
ほめられてもその言葉を信じてなかったから。

うわ〜、こう自分の事を書いてみると俺ってけっこう難しい奴だったな。
通りで友達が居なかったわけだ。

結局がんばっている自分を否定する事に意味は無いんだ。
過去の自分とようやく仲直り出来た気がした。

これを期に昔の曲も少しずつやってみよう。

来週の日曜、5月11日に新宿のエイトビットカフェ
新宿タイガーというイベントに参加します。
俺のライブはPM9時40分ぐらいから。
MuKu Partyの後でもあるし、昔の曲をやったりして、
いつもとはちょっと趣向を変えて行くことにします。


今日は部屋の掃除だけでなく、こころの掃除も出来た有意義な一日でした。
お後がよろしいようで。

       グレイト!

今日は国際フォーラムで開催中の“ラ・フォル・ジュルネ”という
シューベルトをフューチャリングしたイベントに行ってきました。

シューベルト!?

俺からシューベルトというワードが出てくることに
驚かれる方もいるかと思いますが、
実はこのイベントかなり前から楽しみにしてました。

きっかけは脳科学者の茂木健一郎さんの著書に、取り上げられていたからです。

最近、雑誌でグレーのスーツにスカイブルーのコンバース履いてるおじさんの広告みたことないですか。
あれです。

この企画の意図は、クラシック音楽の敷居を下げるというもの。
より多くの人に生で触れてもらいその良さを知ってもらうと言う事だそうです。

だから低価格で1公演1500〜3000円程度。
なんと俺が今日聴いたのはS席で2000円!
もちろん時間は短く設定してあって1、2曲で約1時間。
だけど初心者の俺にとっては丁度いい時間。
サマフェスのクラシック版と考えて頂ければわかりやすいと思います。

なんせ俺はまずコンサートホールという所が初体験だったので、
すでに気分は上がっていました。
しかも5000人規模のホール、荘厳です。

そしてよくテレビで見た事があるチューニングが始まった。
それだけで鳥肌が立った。

電気を通さない生の音の凄さをいきなり体感。

さらに指揮者が登場して最初の一音を合図する。

緊張が走る。

ジャーン!(こんな始まりじゃなかったと思うけど)

一瞬にして目の前に海や森が広がる。予想以上の臨場感。
第一楽章、第二楽章と正直言ってところどころ寝てしまいました。
あまりにも心地良くて。

ただ章が進むごとに演奏のテンションは上がって行き、
会場は異様なムードになり始める。

今度は目の前にどこかの国の王、
もしくはすばらし功績を残した人が威風堂々と表れる。

今日聴いた曲はその名も“グレイト”
単に曲名が気に入ってこの回を選んだ訳ですが、まさにグレイト!

とにかく緩急のつけ方が上手過ぎです。
小さい音で耳を誘い、そこにジワリジワリと迫ってくる。
そして、ジャーン!ジャーン!と来れば、興奮せずにはいられない。

目の前で聴きたい衝動に駆られる。

やはり俺の持論、
「音楽は演奏する人は多ければ多い方が良く、そして生がいい。」は間違い無かった。

いつかでっかいホールでアコーステックギター100人とかで演奏出来たら面白いだろうな。
というか失禁寸前だろうな。

このイベント明日まで開催されているので
興味ある方はどうぞ。

ただしチケットを確保できるかはわからないです。
直接会場に行かれた方がいいかもしれません。

俺の場合は、PM12時にPM4時45分の当日券を買いに行って、なんとか取れました。

2008年05月07日

       そしてまた怒涛の日々が始まります。

昨日は連休の止めに奥沢のD&DEPARTMENTに行ってきました。

もちろんこのお店で家具をみたり、ランチするのがメインですが、
行くまでの道のりがちょっとした旅行気分を味わえます。

田園都市線が二子多摩川で地上に上がる瞬間が、眩しくて気持ちいいし、大井町線は緑あふれていて、清々しい。

別に遠くに行かなくても近くでも十分自然をまんきつできるなぁ、なんて思いました。

今回のゴールデンウィークは特に大きなイベントは無かったけど、
念願の2度寝もしまくったし、部屋の掃除もできたし、よい音楽も聴けたし、酒もたっぷり飲んだし、
リフレッシュできました。

そしてまた怒涛の日々が始まります。
5/11に新宿タイガーもやります。
詳細はまだ不明ですが、5/17に”宴”というイベントにも参加します。

さあ、みなさん今日からまた切り替えてがんばりましょう!

2008年05月12日

       「34歳、飛躍の歳にする!」

5月10日で34歳となりました。

「え~、そんな年に見えない!」

なんてよく言われますが、内臓の衰えは年々感じています。(酷使しているせいもあるとおもうんですが)


ただ力はみなぎっている。


それは自分自身で奮い立たせている部分もありますが、多くは皆さんからもらっている。

今回もたくさんの方からお祝いメール、プレゼント、飯をご馳走していただいたし、

昨日も初参加のイベント”新宿タイガー”も集まっていただきました。


本当にありがたいかぎりです。


宣言、
「34歳、飛躍の歳にする!」


これからも突っ走っていきますので、応援よろしくお願いします。

そしてなんと今週の土曜5/17にもはじめてのところで”宴”というイベントに参加します。

場所は新宿MARZ

出演時間は未定ですが、イベントスタートが深夜0時のオールナイトです。

以前、このイベントに遊びに行ったことがあったんですが、
出演者の中にはエアーバンドがいたり(エアー物販には飛ばされました)
なかなかノリの良いお客さんが多く、楽しみです。

またいつもとは違った趣向のイベントなので、興味ある方は是非遊びに来てください!


2008年05月15日

       世界初?弾き語りでモッシュ!

MuKu Partyを続けてきて、もうすぐ3年。
そのおかげで最近はいろいろな方からライブのオファーをいただけるようになりました。

特にそれを狙っていたわけではなく、
ただ毎回その時点で持っている力を出し切りたい、楽しんでもらいたい、その一心でした。

いつが始まりでも、続けることって大事だなぁ、とつくづく思います。

今、フランス人との新ユニットも進行中。
言葉の壁、文化の違いをも、ものともしない音楽の力にあらためて驚かされています。

そして今週の土曜、5/17“宴”の詳細でました!

場所は新宿MARZ

OPEN 0:00
出演時間はAM1:50から、ライブは10分。

10分!

瞬発力オンリーの俺にとってはベストなタイム。
きっと弾けます。ガンガン飲みます。楽しませます!

世界初、弾き語りでモッシュ!不可能じゃない。

他にも多数、個性豊かなパフォーマンスを予定しています。
お時間ある方、今週末は共に新宿の夜の街にくり出してみませんか。

2008年05月19日

       これが出来ればたいていの事はできる。

俺は常に試されてる。そして常に応えようとする。

もちろん答えられるときもあれば、応えられない時もある。
ただ次こそは!って思い続けている。

必要とされることはありがたい。


5/17の“”もそうだ。

レゲエダンス、HIP HOP、即興演劇の中だろうが、
いつも通りの俺をやる。動じない。(いやレゲエダンスには動じた)

だけどこれは別に特別なことだとも思わない。歳を重ねるとこうなるのだ。

腹をくくる。

これが出来ればたいていの事はできる。

そしてまた5/29、次の“ever”で開催されるイベントに標準を合わせていくのだ。


2008年05月22日

       大地、海、空、風、そしてエレクトロ。

今日はGENZのライブを観に行って来た。
GENZはやっぱりかっこいい!

彼らに出会ってかれこれ5年。
俺の勝手な期待に応えるどころか、
それを遥かに超え、世界を超え、宇宙へまでも届こうとしている。

こんなにスケールのでかいバンドは日本には少ないんじゃないかな。

彼らのサウンドは
大地、海、空、風、そしてエレクトロ。

地球との共存する為の必要条件のひとつだ。

これまた勝手な俺の望みだけども、もっとでかいところで聴きたい。
WOMBがいい。もしくは敦煌だ。


080522_2129~02.jpg

2008年05月23日

       そして今朝、

ショートスリーパーである俺も、さすがに最近は寝不足気味。
昼間は眠気を通り越し頭痛に悩まされる日々。(ラップ調)

そして今朝、ついにこむらがえった。左足がこむらがえったのだ。

別に昨日はスポーツしたわけでもなく、飲んだわけでもない。
体が悲鳴を上げているということだ。

しかし気持ちは音を上げない。多少無理してでも今感じている追い風を逃す手は無い。

よってまたまたライブをブッキングしました。

6/1、新宿MARZ。詳細未定。夕方からのイベントです。

2008年05月30日

       The2

昨日、
club EVERでの新ユニット“The2”(ザ・トゥー)のお披露目ライブを終え
現在さらにテンション上昇中。

実はこのユニットギリギリまで、
結成間もないということもあってなかなかうまく行かず、久しぶりに追い詰められてました。

しかし、無謀だと思いながらも、守りに入るわけには行かない!

そんな想いひとつで挑み、
結果、問題はあったものの、やはり新鮮な感覚になれた。

この企画がなければ行かなかった場所との出会い、出会わなかった人との出会い、
いろんな発見があった。

やっぱりまだまだ守りに入るわけにはいかない。どんどん恥をかいて行こう。

あさって、6/1新宿MARZはかなりいいコンディションで挑めそうだ。

出演時間は18:35から。

音響が素晴らしい場所なので、迫力あるステージをご期待ください。
ひとりだからってバンドには負けません!

是非、遊びに来てください。


         

About 2008年05月

2008年05月にブログ「西島 浩史」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年04月です。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。