« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月03日

       これって哲学だ!

火星の土に白い物質「氷か塩」発見!?というニュースが飛び交っている。

地球の1日は24時間。

しかし、
なぜか人の体内時計は25時間。

なんと火星の1日も25時間!

この共通点からして、
地球と火星にはただならぬ関係性がありそうだ。

我々のルーツは火星に?なんて思いをめぐらすのはとても楽しい。

宇宙の研究はいろんな思惑もあるのだろうけど、

どこまでもつきることのない探究心と想像力が
その原動力となっている部分が多いように思う。

これって哲学だ!

今回のミッションも地球外生物を探しているわけだから、
結局、人の研究に向かっているということか。


俺の勝手な想像だけど、
宇宙ってどうもしても数字だけでは解明されるものではないような気がしてならない。

例えば、
この哲学をその法則の中に取り入れるときが来る。

そして導き出した答えが、意思という存在だったりしたら。

なんて考えたりすると、
ますます宇宙へ興味は尽きなくなる。

がんばれ!フェニックス。

2008年06月06日

       アンビリバボー!

きのうアンビリバボーというTV番組で、
ポール・ポッツさんというオペラ歌手のサクセスストーリーを紹介していました。
その内容は割愛させていただきますが、
(興味ある方は上のアンビリバボーから飛んでください。詳しく載っています。)
ただそのサクセスへのきっかけとなったオーディションでの歌が実に素晴らしかったので、紹介します。

曲もいいな。

2008年06月11日

       歌には力がある。

Bob Marlyが沁みる。

彼の歌が優しいのは、強さに裏付けられているからだろう。
彼の歌がハッピーなのは、悲しみに裏付けられているからだろう。

それが頭ではなく心でわかったとき、Bob Marlyがわかるようになる。

だから俺たちは
もっと強くならなければならない。悲しみに耐えなければならない。

やさしくなるために、ハッピーになるために。

もし俺が絶望の淵に立たされることがあったら
この歌を口ずさみ、自分を勇気づけるだろう。

歌には力がある。

2008年06月16日

       酒と音楽、愛があれば、

MuKu Party Vol.18に集まっていただいた方、

ありがとうございました!

また、
来れなかった方、次回は3周年を迎えます。

是非、遊びに来てください。

酒と音楽、愛があれば、人生最高!
MuKu Partyにはそれが揃っているのだ。

2008年06月23日

       勢いで2枚。

欲求不満なのか、飲みまくって踊りまくりたい。
そんな衝動に駆られている今日この頃。

とりあえず、そんなテンションに合いそうなCDを購入してみた。


OFF SPRINGの新作

久しぶりにこの手のものを聴いたけど、楽曲の完成度が高い。
彼らの音は大人も聴けるパンクなのだ。
かゆいところに手が届くし、押して欲しいツボを押してくれる。
そんな職人の技が詰まった1枚。

SOUTH CENTRALのデビューアルバム

エレクトロパンクもそろそろ飽和してきたな、という印象。
先が見えない。
とは言ってもやっていることは凄いので、もうちょっと聞き込んでみようとは思う。


それにしても今は、買ったCDはすぐにPCに取り込まれ、その役目を果たしてしまう。
ちょっと寂しいな。

2008年06月24日

       鳥肌

な、なんと今朝、雑誌を読んでいたら

ミシェル・ゴンドリー×レオス・カラックス×ポン・ジュノ

という見出しを発見!

鳥肌が立った。

コラボレーションで映画を撮ったらしい。

その名も“TOKYO

俺が好きな映画監督たち。(ポン・ジュノさんは知りません)

特にレオス・カラックスの復活は、期待せずにはいられない。

主演はドゥニ・ラヴァン。最強タッグです!


2008年06月25日

       菊池桃子です。

おととい、舘さんの誕生日会でのこと。

ジェンガで負けた俺は、罰ゲームとして

ものまねをすることになった。

覚えてる限り、人生初めてのものまね。

もちろんネタがないので、
よっしーからのリクエスト、菊池桃子を披露。


「菊池桃子です。」


以上。

笑いもとれず、酷い出来だったようだ。
楠田えりこっぽかったようだ。

若干まだ引きずっている。

やはり30を過ぎれば
ものまねのひとつやふたつ出来るくらいの余裕が必要だ。

今回のことを真摯に受け止め、
今、出来そうなものまねを探してます。

2008年06月27日

       誰もが~ウォウウォウウォ~♪

おとといはa-bridgeの新しいスタッフ、タイキくんの歓迎会。

とにかく旨かった。
ねぎ焼き、やきそば、お好み焼き。
そしてなんといってもたこ焼きはおいしいし、楽しい!
表面カリッと、なかトロリ。

さすがa-bridge。いきなり専門店超えしてました。


ところが途中、話題はものまねの話へ。
俺が今、最も触れたくないワードだ。

そして今回の主役であるタイキくんに矛先が向かう。
彼は浜田省吾ならできると言い放った。

ここでタイキくんが失敗したら、俺以下だったら、
俺のあの酷い菊池桃子がみんなの脳裏から払拭されるはず。

そんなせこい期待を抱きながら、その時を待った。

そして、

「誰もが~ウォウウォウウォ~♪」

うっ、上手い!
目をつむってなりきっている。

しかし、
まあまあかなと、年甲斐なく強がりを言う俺でした。

ごめん、タイキくん。
こんな俺だけどこれからもよろしく!

080625_2346~02.jpg

         

About 2008年06月

2008年06月にブログ「西島 浩史」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年05月です。

次のアーカイブは2008年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。