a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title:

 |  comment(0)  |  trackback(0)

誕生日を迎えた。
沢山の方々にお祝いをして頂いた。
とても幸せで恵まれた環境に身を投じているとつくづく感じさせて頂いた。
心から感謝です。ありがとうございます。

仲間達には沢山子が生まれ、一人一人に想いの詰まった名が付けられた。皆愛情のこもった良い名だ。
私にも、もちろん名が在る。則之という名だ。
恥ずかしくも初めて自分の名の意味を調べてみた。
小学生の頃、親に聞いたが兄の智則の評判が良かったから則をつけたとはぐらかされて興味を失ってから放置していた。

則之ー道理・手本・基準に至る。

固く重い名だw
似つかわしくない知れないが、何となく、踏まえ、らしく生きているとも言えるかw
道理・手本・基準は他人にアピールするものではない。まして押し付けるものでない。
己の中に持ち、咀嚼し軽く振舞う。
そう意を感じる良い名を頂いたと、改めて感謝する四十八回目の誕生日だった。

title: パートナー

 |  comment(0)  |  trackback(0)

振り返れば修行時代ってのがあった。
フリーターから秋葉原の焼肉屋を任され、一から全てお店創りをほぼほぼ一人で経験した。寝る間を惜しみ1ヶ月で3回事故(ほぼ居眠り)を起こす程、のめり込んだw 繁盛店だったが、会社とオーナーの関係が悪化し1年半で閉店。
移転を視野に入れ1年間事務所詰めの飼い殺し後、原宿のロックカフェのディレクションに入る。外付けのプロデューサーや彼女が連れてくる者達とモメにモメ、店を立ち上げるもの絵に描いた餅案に奔走させられ、責任を取らされ店長となり火中の栗を拾うwが、好転せず関係者に多大のご迷惑をかけた。その会社を辞めるきっかけとなった経緯だ。力不足この上ないが、その当時は「ベンチがアホやから...」とエモやん感満載で退職をした。

数ヶ月後、遊びの範疇で中野新橋でバーa-bridgeを開き、その後立ち退き移転を余儀無くされ、1年半後、三軒茶屋でa-bridgeを始める。その際、食材飲料等の業者さんに頂いた名刺を元に連絡するが梨の礫。「よく電話できたな」と言われて恥ずかしながら初めて皆様にご迷惑を掛けたことを知る。そんな状況の中、唯一「おめでとうございます!」と言ってくれたのが酒卸(株)水橋の深野さんと、ビールを担当してくれた(株)キリンビールの塩見さんの同世代の二人。開店前に大いに勇気をもらった^^ あれから14年、彼達の関わる商品を売る事が店の経営だと信じて未だにやっている。業者さんではなくパートナーと^^
だから、ウチから卒業したえんとつ(松陰神社)もcafe MUSEUM(佐賀伊万里)もSloth(中野新井薬師)もキリンビールを提供し東京のお店は水橋さんが担当してくれている。その話をよくしているからのようだ。Slothのオープンに伴い深野さん達に同行させて頂き、数日後塩見さんを連れてa-bridgeに皆で来てくれた^^塩見さんは14年ぶりくらいかな。たまの想い出話も悪くないw 50を目前にし、情熱持って今に取り組む^^ 初心を思い出し,、改めて頑張ろうと思った良い飲み会だった。歴史とストーリがあれば物事を乗り越える力になる。往生際が悪くw続ける事を苦にしない僕の強みはそこから生まれている。
 
32815600_1548279621967156_4226468533338374144_n.jpg

title: Sloth

 |  comment(0)  |  trackback(0)

新井薬師にSloth(ナマケモノ)というタイ風居酒屋?があります。
a-bridgeを卒業した働き者の夫婦が営んでおります。
まだ僕は数回しかお邪魔しておりませんが、居心地の良いお店でついつい長居をしてしまいます。
この夫婦、兎に角ハッピーな夫婦で。
そのハッピーなオーラが店中に充満しているナイススポットでございます。
タイ人以上にタイ料理を熟知した威一郎と、いつもニコニコしておりますが人一倍愛されたい願望の育子が皆様のお越しをお待ちしております。
カオマンガイ、ガパオは絶品だし、酒も空間もよし、近くなくても是非どうぞ!

a-bridge卒業生の独立店舗は、えんとつ(松陰神社)cafe MUSEUM(佐賀 伊万里)Sloth(新井薬師)の3店舗。
諸々諸事情はあるかと思いますが、どの店も元気に営業しております。
それは僕にとって大きな力になりますし、励みでございます。
いつか合同イベントみたいなことやりたいっすね。
スタンプラリーみたいなのとか^^
取り敢えず、全店舗行ってきたらビール奢るよ^^

Sloth
中野区上高田3-40-3 山田ビル2F



27751709_201170833954202_7622567020572754986_n.jpgのサムネール画像



28660687_211514119586540_9033410604439190356_n.jpg
 
27867329_201607563910529_100123217429952118_n.jpg

31073283_234086573995961_8281382470713081856_n.jpg

31500792_237215730349712_6952990352106061824_n.jpg
 

title: フクワライビルでの濃密な8日間

 |  comment(0)  |  trackback(0)

三軒茶屋を8日間離れ、もう一つのホーム三重県四日市の当方が管理するフクワライビル、cafe MONACAでイベント、内装など濃密な1週間を味わってまいりました^ ^

4日は、私共が運営するJR四日市駅前での四日の市&cafe MONACAでのアフターパーティー、ホストの青太郎、DJ GUNSHIP&MATCHにゲストのキムウリョンを迎え、平日水曜日でありながら明日に怯えない今日を楽しむ皆様にお集まり頂き大変盛り上がりました。四日の市&アフターパーティーを常に支えて下さっている皆様のお陰です^^ありがとうございます!
ウリョン多忙なスケジュールの中駆けつけてくれてありがとう!
青太郎、DJ GUNSHIP&MATCH、四日の市に参加して下さっている出店者の皆様、音響担当してくれているアドバンテージの卓也と一見、皆様のおかげさまで3年半^^大変楽しゅうございます!これからもよろしくお願いいたします。
 
22471397_1342739552521165_539136738_n.jpg

22471743_1342739555854498_923736187_n.jpg

スライド1.jpg 

スライド2.jpg

22500787_1342739602521160_317993456_n.jpg

22447283_1342739599187827_1615280409_n.jpg

6日は、3FアウトドアADAPTのトークショーを。
親不知ー大浜海岸500キロを走破したサカタロー氏とADAPTキョーヘイ!のトークショー。
地元山遊びのエキスパートが集まり、ほぼ初めましての方々に囲まれ有意義な一日でございました。フクワライビルの明日を担うキューヘイ!期待しております^^

22500837_1342739612521159_1912269429_n.jpg


7日は、8日に開催されるフクワライビルの合同イベントのヨガレッスンの4Fスタジオを製作。どんどん拡張され顔を増やしていくフクワライビルに改めて面白みを感じる。

22547876_1342739625854491_1038569502_n.jpg

14446141_982313355230455_2580219332617355291_n.jpg

22447268_1342739629187824_1452997220_n.jpg

8日は、Lahen3周年アニバーサリーとして、フクワライビル全館イベント。
MONACAでヨガレッスンを開催してくれているYoga marrant、気まぐれ喫茶のいなべプリンとkozara、もなか市の姉妹パンも参加。
3Fのふくみみは2年の営業をその日に終える事になりました。
苦しいタイミングに賛同し、共に努力してくれてありがとう!
力になれず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、新たな一歩が朋子にとって新たな出会いと可能性を生むスタートである事を期待します^^
そして、創業当初から志を同じくし難しい環境に可能性を感じ、信じ、行動してくれたLahenの雅也とゆか。3周年おめでとう!これからも大いに楽しみましょう^^
VIDEO君最高でした^^これからも四日市で遊びましょう!

22447223_1342739652521155_720568509_n.jpg

22472668_1342739645854489_1265136212_n.jpg

22471569_1342739639187823_2040151314_n.jpg

MONACA、Lahen、ADAPTのそれぞれの個性が溢れたイベントが連日MONACAで開催され、それぞれのゲストが連日足を運んで下さいました。心から有難うございます!
我々は、そのそれぞれのゲストの皆様がフクワライビルを通じて交わって頂くことを望んでおります。その意を汲んで連日足を運んで下さった方々、有難うございます^ ^
ビルを巻き込み、街を巻き込み、楽しいを詰め込んでこれからも皆様と楽しみたいと願っております。これからも初めましてを楽しみましょう!
では、また4日に^ ^

title: 灯篭

 |  comment(0)  |  trackback(0)

フクワライビルのある歴史ある四日市の商店街「新丁通り商店街」が今年の3月をもって解散した。
「cafe MONACA」、美容室「Lahen」、古道具焼菓子の「ふくみみ」、アウトドアショップ「ADAPT」フクワライビルの4店舗と同通りのアパレル「pelican」がここ3年で増えたとはいえ、商店街とは名ばかりの環境であったので解散を止める手立てはなかった。4月の新年度と同時に商店街が管理していた街灯が撤去され、商店街であった通りは裏路地より暗い真っ暗な通りとなった。これからの可能性を信じ乗り出した我々にはとっては大きな痛手であった。
ピンチの際、手をこまねき状況が変わるまでジッと待つタイプではないので、こんな時こそやれる事、出来る事を片っ端から考えるw

木製の灯篭を作る。

我々のプロジェクトの全てに関わる建築士の松山茂樹氏に依頼し、様々意見を出し合う。
ソーラーパネル自家発電、蓄電タイマー式のガーデニング用の照明をネットで安価に探し、見込みで購入。
1基¥5,000〜¥6,000の原価を目処にデザインを確定。
それがこれ!

20314682_1948029832107573_1599824112_o.jpg


まずはこれを10基寄付をする。
寄付といえども頼まれていないので置かせてくれる保証はないのですがw
今週の頭、tioとMGFのライブイベントで飲みすぎた二日酔いの身体に鞭を打って、松山君と車で四日市に向かう。
作業猶予は二日間。
1日目は資材の買い出しや、どう挑むか考え悩み、双方1基の完成を見ずに終了。手応えのない1日となった。
その日の飲みは達成感のなさを引きづったモヤモヤとした飲みとなった。
2日目、朝からホームセンターに行き資材を補充。
目標は二人で6基。作業に取り組む。
昨日とは明らかに違う手応え、どんどんとイメージが膨らんでいく。
前日の飲みでぶつけ合った思いがカタチとなって作業の効率を上げていく。
これだから制作は楽しい^^
結局、昼からぶっ通しで取り組み8基完成。
上場の成果だ^^


22052729_1329712780490509_98550944_n-1.jpg


22054665_1329713580490429_1638101406_n.jpg


次の日、近所の方々に事情を説明し通りに配置させてもらう事になった。
労いの言葉も頂いた。
そして、この行動に賛同してくれた仲間たちが、灯篭の寄付を願い出てくれた。
その数、今現在15基。合わせて25基。
思いの外素晴らしい景観、街にも合っている。
これを機に、商店街を復活させる。
今回のような取り組みで商店街を再生させるって面白いでしょw
 
22091656_1329712383823882_1217344133_n.jpg


22053082_1329712280490559_1387736686_n.jpg

設置して二日後、現地から連絡が入る。
曇っていたりすると蓄電されにくく、暗くなっても点灯しないとの事。
なんと、まぁシビアな...
フクワライビルのメンバーを灯篭番とし、陽の当たる場所に予備の照明を配置し、暗くなったら灯篭に差して貰う事になった。
何事も面倒くさがらずに楽しみに変えるべきだ。
手間がどんどん増えていくが、やっている事が滑稽でニヤニヤする。
自画自賛だが、面白い事をやるもんだw

a-bridge

June 2018

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge