a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2007年8月アーカイブ

title: 大人の勲章?

 |  comments(3)

本日は予約していたエコー検査の日
大人になった証だろうか?
ここ最近は医療検査を立て続けに受けている。
血液検査、胃カメラ、CTスキャン、そして本日エコー検査
数ヶ月前からIBBのNOBUと約束していた人間ドックの検査内容のほとんどを行く前に賄ってしまった。
約束を反故にしてスマン!
わたくし 虚弱にてお許しを!!
元々メインに近い存在だった温泉&ぼたん鍋だけ実行致しましょう。
でも 今 肉が喰えません。
これまたゴメン!!
そんな僕ですが これからもお付き合いに程 宜しくお願い致します。

実母から送られてきたオーガニックウコン、毎日飲んでいます
伊勢在住の母の知人が作っていらっしゃるプレミアもの
110gで1100円とはトップバリュー!

title: アドバイス

 |  comment(0)

昨晩 店に来てみたら
入口の鍵穴にガムが押し込まれていた
怨恨か 愉快犯か
どっちにしても やめた方が良いよ
意味ないし やられた方も気分が悪い
君だって 落ちてるガム踏んだらイヤでしょう
自分に置き換えてみれば?
全ては そう考えた方が良い

title: おめでとう

 |  comment(1)

明日は奥様の30回目の誕生日
思えば今回で7回目の誕生日をお祝いする事になる。
長い間お世話になっております。
これからも素敵に歳を重ねましょう!

本日は a-bridgeにて彼女の誕生会
生憎に嵐ですが、それも彼女らしいと言う事で...

title: 憤り

 |  comment(0)

本当に腹が立つ
昨日 起こった殺人事件
ネットで知り合った犯罪者予備軍が、何の衝動もなく
一人の真面目なお嬢さんを拉致し、金品を奪い、命を奪い、夢を奪った。
彼女は 女手一つで育ててくれたお母さんの為に、家を建ててあげる事が夢だったらしい。
優しく真面目なお嬢さんだ。
そんなお嬢さんの全てを奪った犯人は、ただ金が欲しく、自分達の腕力に自身がない為
弱いものを狙って、彼達の思う楽に金を奪う事を実行した。
顔を見られたから人を殺し、死刑を免れたくて自首をした。
死刑を免れたくて自首をする事は、本当に自首なのか?
全部自分、それ以外の世界が見えてなさ過ぎる。
しかも 犯人の全てが我々と同世代の30代の男である。
決して小僧でもない世代だ。
全てが短絡的で、本当に腹が立つ。
もう こんな軽薄な世の中や そこに巣食う住民達は 眼を覚ましてくれないか?
じゃなきゃ 気持ちを持って生きている人達に失礼である。
彼女の行き場のない想いは、救われるのだろうか?
衝突や怒りや衝動がない 彼らの軽はずみな行為は、
憎しみの矛先にもならない程の無責任さである。
こんなに悲しく感じる 人の死はもうみたくない。

こんな言葉でしか 言い表わせませんが、
無念でしょうが 被害に遭われた方のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

title: いや〜参った!

 |  comment(0)

木曜日から カラダが重くて 店開けるのを遅くして
金曜日に お腹の調子が悪いなって思って、飲みを自重して
日が変わった その日の営業中、突然 両膝が痛くなってきた。
アレっ!?
だんだん その症状は全身の関節にまわり、
スタッフに15分 奥で休んでくるって言ったっきり、動く事が出来ず。
営業終了まで 寝袋に包まっておりました。
フラフラになりながらも、タクシーで帰宅し
寝ようとするが、体が痛くて寝れやしない。
呻きながら気絶、痛みで起きるの繰り返しで
時計の針は30分と経っていない。
かかりつけの内科は救急をやっておらず、朝の9時まで待つしかない。
その時点で朝の6時
とりあえずで熱を計ってみたら39.8°の高熱!!
俺の精子は大丈夫か!?
それでも我慢して寝てみたが、1時間の時間をやり過ごすのが精一杯。
どうする事も出来ず、家を出てタクシーで三茶まで。
7時過ぎに来てみたところで、病院は開いている訳がなく。
店のソファーで寝袋に包まる。
家で寝れない者が、店で寝れる訳もなく。
気絶するのを待つばかり...
やっと8時になったものの、そこからの5分が長い長い。
我慢の限界に到達し、店を出たのが8時半。
病院の前で体育座りして待つ事にしよう。
病院に着いたら、扉が空いていて
診察は まだのようだが、受付はさせてもらう事が出来た。
最悪のケースは免れた...
以前 受けていた血液検査の結果も出ていたので、
受付の方は
「舘様 血液検査の結果ですね。」
と、その時の私にとって どうでも良い事を尋ねられる。
「いや、熱が出ちゃって体中が痛いんです。」
と、ちょっと弱気な僕。
体温計を渡され、体温を計る。
このシチュエーションどっかで見た事がある。

5年位前の話
風邪をひいて体中に痛みが出た僕は、家の近所の小児科内科に行った。
平日の昼間の小児科は、お父さん お母さんに連れられた子供達ばかりで、
「ご免ね、風邪ぐらいでオッちゃん こんなとこに来ちゃって」
と肩身が狭うございました。
「でも、オジさん凄い熱があるんだ。」
と子供達に空気でエクスキューズ。
「舘サーン」と呼ばれて体温計って、
36.7°
帰りはスキップしながら帰らなければならないんじゃないのかと、
自分のカナリア加減を懺悔!!
今回もそうなのって、
体温計って、
39.4°
ちょっとガッツポーズ!
(元気なんじゃねぇーかよ!!)
しかし、その元気も直ぐに無くなり、
(オブラート並みのハリボテ ガッツポーズ)
ようやく 診察室に通して頂き、診察を受ける前に
血液検査の結果発表で
「痛風になるぞ!」
と脅され。
ダブルパンチで、意気消沈した私に
「点滴打っときましょう。」
と、優しい先生の一言。
2時間かけて、点滴打ってもらって、
楽になったー!...少し。
と思って、熱計り直して
38.4°
とりあえず タクシーつかまえようと道路に出て
ようやく来たタクシーが微笑みながら乗車拒否
泣きそう...
その後に来たタクシーに乗って
とりあえず家に帰って
今日は無理だと皆に報告。
みんなが代わりに店に出てくれて
薬も効いてきて、汗だくでぐっすり眠る。
目が覚めて、薬で若干楽になった体で
世界陸上の開会式を観る。
あまりの酷さに唖然とし、北朝鮮のマスゲームと比較し
この国の国力の低下を思い知る。
宝塚歌劇団(楽曲提供ゴスペラーズ)
織田裕二の唄、二本立ては拙い。
演出は宝塚歌劇団の演出家らしく、グラウンドの規模がつかめていない。
引きの絵で見るとスカスカだ。
しかし、アスリートの競技にかける情熱に感動しつつ、
二日間のお休みを頂き、本日復活!
一部の皆様、ご心配おかけ致しました!!

title: 美しい光景

 |  comment(0)

気温が5℃も下がると、こうも無気力になるものなのか?
昨日まではこれからの事で迸りまくっていたのだが...
昨日喰った、強烈なシマ腸を消化する為に肉体のポテンシャルをそちらにもって行かれているからなのだろうか?
昨日同行した者は、どいつもこいつも本日ポヤポヤである。
そんな僕達に一筋の気合いを入れてくれたのが、YouTube上の若かりし頃のアントニオ猪木だった。
以外と猪木世代は我々の周りには少なくなっているらしく、
みんな初めて体験する猪木ワールドにめんを食らっている。
いや〜、まさに美しい国 日本の時代。
そんなこんなで、この時間まで何とかお店にいる僕でした。

ゴッチ先生もこの世を去ってしまいました。
美しい師弟愛に乾杯!!

title: 積み重ね

 |  comment(0)

この夏のひと仕事、Bonjour Partyも終わり。
おつかれっした!!と思っておりました。
もう夏も終わりだなって感傷的になっておったんです。
が、案件山積みじゃねーって!焦り始めたのが本日で、
皆とお話しして、少し方向性と、準備が明確になりました。
助かりまっす!!
なんで、また走ります。
たっぷり休みましたんで!!
まずは、MUKUコンピとMUKU BOOKからスタート。
その後には、インターネットラジオ、ウェブマガジンと続きます。
明日は丹虎で四日市打ち上げ+MUKUミーティング!
五周年を迎えた 新生 智志率いる元祖ひげホルモンにお祝いに伺います。
如何せん昨今はホルモン系を喰えなくなってしまいましたが、
キムチ、ナムルでチビチビいかせて頂きます。
よーしっ!頑張ろ!!

丹虎 隠れメニューのシマ腸!
さすが元日体生、豪快な背負い投げ状態!!

title: 四日市名物

 |  comment(0)

裏Bonnjour Partyとも噂されている。
東京組総出の來来憲ツアー!
東京組のもうひとつの楽しみです。
朝の六時までイベント撤収等をしていようが、皆 朝の11時半にはシャワーを浴びて來来憲前に集合です。
勿論!お目当ては "四日市名物 大とんてき"!!
250gの巨大な豚肉を、未だ謎のつかめない特製たれ&ゴロゴロにんにくで丹念に焼き上げた豚のステーキです。
大食漢には堪らない ライス、キャベツ、豚汁、漬物お代わり無制限!!
先に帰ったIBBのレイ&ルイージも後ろ髪をひかれたとか!
今回は 総勢15人!!
お座敷席の半分近くを我々が占め、寝起きから四日市名物ヘビー&パンチを体感!
皆、満足、満腹で、radi cafeの「Bonjour after Party」に参戦。
来てくれた方々から
「階段上がってきて時から、強烈なニンニク臭がしてましたよ!」と言われる始末。
お洒落なカフェに申し訳ない!
スタッフも出演者も誰も気付いていない。
そりゃそうだ、みんな食べているんだもの。

IBBの敏腕ディレクターT氏、彼はこの後ご飯を三杯おかわりした。
因に彼は僕より年下である。
風格は一枚上!

四日市初参戦のGENZシュン君、コンビナート萌えの一面を暴露。

gewgawのIBBツアーTを購入した三人の食後のショット。
今回のイベントに欠かせない三名。

title: 自爆

 |  comments(3)

それはBonjour Partyでの事、
Hands of Creationの登場に会場が沸きに沸いている 隅っこの屋上に繋がる階段での事。
その日の私の担当は、屋上特設バーラウンジを設け、そこでせっせとビールを売る事でありました。
(自分でもせっせと買って売上げ貢献と云う名の飲んだくれです。)
LIVEが始まると全員を下に降ろし、
屋上を無人にし、カウンターも無人にする=ステージ前で踊るを実践しておりました。
しかしその時、一部の若者が踊っている私の前を通り過ぎ、屋上へと上がって行きました。
やむを得ず、屋上に上がる私。
少しは屋上でお付き合いしましたが、「どうせ来てんだったら下でLIVE楽しもうぜ!」と彼達を降ろし、
降ろした後に自分の為のビールを買い。
フロアに戻ろうとした時の事、ノリノリで軽く小走りで階段を下りた時
一瞬 足が滑ったと思いきや、体全体が宙に浮き、ドーンと背中を痛打!
そのまま背中から階下まで一気にズドドドドーと滑り落ちたわけであります。
ルージュ並みに...
その時は何が起こったか判らないは、物凄く痛いんだけど何処が痛いか判らないはで、
そのまま階段にうずくまり、ちょっと頭を整理。
少し冷静になると 独りぼっちの暗闇で痛みをこらえている自分と、
最高潮に盛り上がっているフロアの差が激し過ぎる事に MAXの惨めさを助長し、
痛がっている場合じゃねぇー!と、フロアに躍り出たのであります。
ふらふらで、足引きずって。
LIVEが最高だった為、その後は痛みを忘れて踊っておりました。
(それもどうかと思いますが...)
何気なく ふと右手に持ったビールを見た時の事
ビールの缶が丸では無く 六角形に見える程 ボコボコになっていたのを見た時に、
無事でいた事に改めて感謝。
お盆でもありますし、ご先祖様が守って頂いたんだと感謝をし、
その二日後、お墓参りをさせて頂きました。
合掌!

その二日後、事故の後遺症の為 奥さんの実家でK.Oされた私。

title: Bonjour after Party in radi cafe

 |  comment(0)

次の日は、radi cafe apartmentの川村さんのご協力を頂き
ゆったりと、まったりとカフェライブ。
BonjourPartyの新しいカタチが見えてきました。

前日とは一味違うセットで登場したGENZ
彼達の空間に対するコラボレーションの姿勢は感動を呼ぶ!

場数が違うぜ!と言わんばかりの盤石のパフォーマンスを披露してくれた"cant de rua"の二人。
贅沢な午後に会場の皆もうっとり。

この二日間のレクイエムをMUKU PARTY同様、ハレンチ王子 西島が締める。
前日はスタッフとして活躍する彼のバイタリティーはこのイベントの原動力。
我々にとって彼は、大晦日のサブちゃんに匹敵。

今回もビデオ班で同行のダイスケ
その後の川遊びで、ある疑惑が判明!?


                                  photo by Fusako

title: Bonjour Party

 |  comment(0)

様々な方々のご協力を頂き、大成功のイベントでしたね。
お疲れ様でございました!
イベンターの吉田君に拍手を送ってやってください!
出演者の皆様の最高のパフォーマンスに拍手を送ってください!
イベントスタッフの献身的な運営に拍手を送ってください!
協力を頂きました空間の方々、チケットを販売していただきましたお店、
協賛のキリンビール様、来て頂いた皆様有難うございました!
また、お会いしましょう!
その時まで、我々のやるべき事をやり続けましょう!
そして、また出会えた際に語り合う事が出来れば嬉しいです!
では、また!

Bonjour PartyオープニングLIVEは事故渋滞のため12時間の移動を強いられたGENZ。
その過酷な状態を微塵も感じさせない迫力のLIVE!!

デュオとは思えない音圧とグルーヴ!!
Hands of Creationは全てのオーディエンスの心を釘付けにし、
イベントの最中、次の日のLIVE会場である湘南に旅立って行った。

トリは勿論! IBB!!
対バンが熱ければ熱い程、最高のパフォーマンスを見せてきた彼ら、
今回も全てを包み込む程のLIVEで 四日市ピーポーの心にメッセージを叩き込んだ!

風邪気味の中、大渋滞に巻込まれながらも 我々の心を濡らして頂きました。
アンコール「約束」でのレイ様。

我らがNOBUチャン!
彼の熱いメッセージが、この日本全国 大熱波を呼び起こした!!
勿論、この時点で40°超え。


IBBのMESSAGEは確実にこの街に、ここに集まる全ての者達に伝わったであろう。



イベンターのgewgaw吉田、良いイベントに育ちましたなー!
ごくろうさん!!

                                  photo by Fusako

title: 帰京

 |  comment(0)

明日から五日間、夏休みをいただきます。
田舎である四日市に帰ります。
お盆ですのでお墓参りして、家族も増えましたので会いに行きます。
でも今回の帰省は ただの帰省ではありません。
8/11は 四日市 SUBWAY-barで
「Bonjour Party」
を開催します。
IBB,Hands of Creation,GENZ,DJ TADASHI,久保田直樹が出演致します。
8/12は 四日市 radi cafe apartmentで
「Bonjour After Party」
も開催します。
canto de rua,GENZ,西島浩史が出演致します。
なのでa-bridgeは、お休みです。
しかし、四日市は盛り上がる事でしょう!
このブログを見てくれている人達は、おそらくほぼ同行する事になりそうですが、
この間、ブログをお休みさせて頂きます。
ネタいっぱい仕入れてきますので、またその時に!

イベンターのgewgaw吉田、イベント成功の意気込みをみせる二年ぶりの断髪!!

title: 炎の男

 |  comment(0)

その男は おもむろに特大の花火を口にくわえると言い出した。
その男は 地位も名誉も手に入れている男だ。
そして 男として大人とみなされる歳にもなっている。
奥様 しっかり保険を入れておいた方が良いですよ!

可愛くやんちゃなオヤジは、皆の愛を独り占め。

title: BBQ

 |  comment(0)

本日は恒例のエーブリッヂスタッフ会
今回は大人BBQという事で
お伊勢さんから 大アサリ、サザエ、ホタテの小さいの(名前を忘れた)、伊勢エビを取り寄せてもらった。
贅沢なBBQだ。
大人過ぎて、沢山送ってもらって食べきれない程だった。
花火をし、スイカを割り
立秋の夜長に、ちょっとした夏祭りを味わった。
よく
「このベランダチョー良いじゃん!BBQとかやったらチョー気持ちいいじゃん!」
と言われるが、君たちにはやらせない。
これは我々だけの特権だ。
そんなこんなで、今日はおしまい。

title: MUKU PARTY 13

 |  comment(0)

今回は変則開催に拘らず、
沢山の皆様とMUKU PARTYを迎える事ができまして嬉しく思います。
誠に有り難うございました。
西島氏がイベント中に言っていてように
このイベントを開催し始めて丸二年になるんですね。
記念日には疎く忘れておりました。
「継続は力なり」
最近は先人達が口にしたこのような言葉がグッと来るようになりました。
成長の証なんでしょうね。

西島浩史を見守る エーブリラインダンサーズ

この日は 彼が以前メジャーデビューした際のデビュー曲を披露した。
その当時からのファンの方も以前からこのパーティーには来て頂いている。
この曲のイントロが流れた時の、彼女の顔を見た時に胸がキュンとした。

人には沢山の想い出がある
だから素敵に歳を取れるのだ

title: とにかくアツい!

 |  comment(0)

とにかく暑い!
照りつける夏の太陽が容赦ない!!
おかげで代謝が良く調子も上向き。
昨日はMUKU PARTY13
御陰さまで偶数月の第二週末開催している
エーブリッヂの唯一のハウスパーティー!
昨晩も沢山お方々がお越し頂けました。
ありがとう!
出演したみんな、とにかく熱い!!!

本日二日目!
水を撒いて少し温度の下がったベランダ。

title: 感謝してみたりして

 |  comment(0)

お陰さまで 様々な活動をされている方々とお会いし、
共に何かを築いていくと言った 建設的なお話をさせて頂く機会が増えてきた。
まもなく三年が経とうとしている。
今まで 沢山の方々と共に空間を創るといった作業が実を結んできているのだろう。
日々の積み重ねからなるこの出会いは、そもそもこの場所に根を下ろした時に一番大事な要素として考えていた事である。
皆様、どうもありがとう。
これからも、人が出会いそこから生まれる事柄を実現し育める社会を目指し、
もっともっと面白い空間として皆様と良い関係が築けるよう精進致します。


9月29日に a-bridgeで初めて「JayaJaya LOUNGE」というイベントを開催する
ヨガマスター パトリックさんのサイトです。
Yogajaya
event movie


目指すものの明確さ、アプローチが同じの様な気がしました。
彼も店に入った瞬間に感じてくれたらしいです。
この店の目指している事を
伝わるもんですね。
嬉しい限りです。

title: ドン!と鳴った花火が綺麗だな。

 |  comment(0)

一昨日、店の仲間達と花火を観に横浜へ出掛けた。
せっかくなので早めに出掛け、中華街でご飯を食べる事にした。
向かう先は創業明治25年の歴史を誇る萬珍樓の点心のお店だ。
勿論どの料理もおいしく、中華街に来た!と思わせてくれる豪華さが満載なのだが、
萬珍樓にはひとつの想い出がある。
まだ僕が高校生の頃、兄達に連れられ皆で背伸びをした時の事、
「今日は奮発しようぜ!」と、生意気にも萬珍樓の門をくぐった。
小汚い格好をした生意気な小僧達に対しても、素晴らしい席を用意して頂き、
分け隔てのない素晴らしいサービスをしてくれた。
それから僕は萬珍樓のファンなのである。
この日は、僕が年長者という事もあり、若い仲間を引率してお邪魔させてもらった。
今回も流石の一言に尽きるおもてなしを頂き、皆感動していた。
萬珍樓さん、有り難うございました。
またお邪魔させて頂きます。
その後、散歩をしながら
皆、各々のお酒を手に山下公園に行き 花火大会を鑑賞。
職人技の数々に感動し、拍手喝采を届かないであろうが贈った。
そして花火大会も終わり、最後のスペシャルにと考えていたホテルニューグランドバーラウンジに出掛けた。
が、横浜でも屈指の老舗ホテルのバーラウンジは格式が高く、
草履である私めの入場をお許し頂けなかった。
大人である私の為に入場が出来なかった訳で、皆に申し訳ない事をしてしまった。
しかし、これもまた勉強である。
自分の軽薄さを恥じ、まだまだハナタレである扱いを受けた事に
なんとなく気持ちよさを感じ、
その日の楽しい想い出の締めくくりにしたのだった。

花火と言ったらこれでしょ。

title: 虚勢

 |  comment(0)

奴は西からやって来た。
自らを守る為に虚勢を張って、
しかし、虚勢はリアルではない。
直ぐにボロが出てしまう。
奴は空気を読む事が出来ず、
自らの正義を守る為に、
よりいっそうの虚勢を張った。
でも、虚勢はリアルではない。
本当に彼は理解できたのだろうか?

a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM