a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2007年9月アーカイブ

title: 夢と魔法の国

 |  comment(1)

結婚 一周年という事もあり
火曜日お休み頂きました。
来て頂いた皆様ゴメンなさい!
おかげでゆっくりさせて頂きました。ありがとうございます!
んでもって、別にアニバーサリーって訳じゃありませんが、
昨日 東京ディズニーランドに行って参りました。
レンタカー借りて、レインボーブリッジ渡って。
しかし、数年前に免許取り消しになっている手前、
私は常に助手席です。流石に運転手さんに申し訳ないので、お酒は飲みませんでした。
因に運転手さんは嫁さんです。申し訳ないっす!
久々に行った夢の国は、良いっすね!
ゲート潜った瞬間から、別世界に連れて行かれました。
話は逸れますが、昔、地元四日市の駅前、
今はサンタをモチーフにしたラブホテルが建っている場所に、
「別世界」というストリップ小屋がありました。
坊主の中学生だった私達は、高校に進学したら髪の毛を伸ばし
皆で行こうと言っていたものです。
しかし、高校の時に、そのストリップ小屋は潰れ、
未だ未経験でございます。
話が大分それましたが。。。
ミッキーさんとのカラみはありませんでしたが、
充分に堪能させて頂きました。どうもです!
因に10時までやっているんですね。ディズニーランド。
アダルティーな時間までやっちまうなんて、
子供達は8時の時点で、大多数グズっておりました。
まあ、どちらもアダルトで夢と魔法の国という事で
本日はこれまで!

title: O.A

 |  comments(4)

本日、前にもご報告致しましたが王様のブランチのO.Aの日。
店に来て、テレビを付けた瞬間にやっておりました。
IBBのMESSAGEが流れ、a-bridgeのお店の紹介映像が流れる。
a-bridge+IBBは、あまりにもハマりすぎて普通の感じがしてしまいましたが、
決行長めに流して頂いたので嬉しく思い、NOBUちゃんに電話したところ、
残念ながら、前日のイベント疲れでお寝むだったよう。
「いや〜見逃した!」NOBU談
早速、お電話にて、テレビを見た風のお客様から問い合わせの電話が連発。
スタッフ一同、ビビりまくっています。
やっぱり影響力想像以上なんでしょうか?
電話番号だしてないのに。。。

電話のやり取りをしていたGEWGAW吉田に至っては
「知ーらんべ!」
と、全く薄情なコメント。
人でなし!
人の噂も七十五日と言いますので、二ヶ月半頑張ろうと思います。
そうか、二ヶ月半経ったら年末なんだな。
早いですね一年も。
やらなければならない事が沢山有るので
こちらも頑張って今年中になんとかしよ!

title: スーパースターを支えた真のヒーロー

 |  comment(0)

日本が誇る 昭和のスーパースターを支え続けた方が亡くなられた。
様々な映像や、その方に対する人々のコメントにふれる度に、
出会うべくして出会い、必然としてパートナーとして成り立ったと、
他人事ながら感じさせられた。
前を向き続け、進み続けた道筋には、良き理解者がいる事を改めて思い知った。
そして、恩返しをしたいと思った時には、その相手がいなくなる事も。。。
一昨日は、日本中のお父さんや旦那さんが、お母さんや奥さんを大事にしようと
心に決めた一日だったと思う。
勿論、僕もそのひとりである。


とても素敵な関係に、心を打たれました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

title: 茶碗deカレー

 |  comment(0)

私は無類のカレー好きである。
基本的に朝昼晩大丈夫である。
何を食べようか考えるとき、ほぼ100%カレーが選択肢に入っている。
しかし、人とご飯を食べに行く時は、気を使って三回に一回ぐらいしか口にしない。大人である。
インドカレーとナン、欧風カリーライス、ドライカレー、カレーうどん、タイカレー等々
婆ちゃんが作る にんにくカレーも懐かしい。スパイスよりもニンニクが勝るパンチの効いたカレーである。
ローテーションにしてしまえば、キャタピラのように永遠食い続けられる。
そんな私が最近ハマっているカレーは、
「茶碗カレー」
なんて事は無い。お茶碗で食うカレーライスだ。
少年期にやった 昨晩のカレーの残りを次の日の朝、学校に行く前にお茶碗のご飯にかけた食べた
あのカレーの再現である。
これだと、どんな料理にもトッピング茶碗にカレーが可能になる。
gewgaw吉田の麺類には100%いなりずしと同じ感覚だ。
だからといって、ウチで注文しないで下さい。
多分、面倒くさがられると思います。

俺専用

title: 先々の想い

 |  comment(0)

田舎暮らしに対する欲求が収まらない。
今まで感じた事が無かったが、最近は自然的にいい環境で暮らしたいなと思う。
生まれ育った三重に18年、東京に出て来て19年
20年弱のこのあたりが、自分を変革に導く期間なのかも知れない。
実際は、温泉かなんかに行ってのんびりすれば済んでしまう事かも知れないが
そういった渇望は持っていても悪くはない。
何年か先か分らないが、次の場所を探し始めるきっかけづくりをこれからやっていければと思う。

彩子さんの写真見てると旅したくなるんだよね...
途中で展示を変えるそうなので、今の展示を見るならお早めに!

title: 壊れかけのパソコン

 |  comment(0)

パソコンが壊れちゃいました。
困ったもんです。
さすがに今回はアップルストアに持っていかなくてはならないようです。
先に壊れたi-podと一緒に明後日持っていきます。
当たり前のように身の回りにある物は、今まで無かったにも拘らず
無くしたり、壊れたりすると困るもんです。
携帯電話だって、七年前まで持ってなかったにも拘らず
数時間持っていないだけで、大事な連絡入ってないかな?
と不安になるものです。
そうやっていつの間にか、あったら良いなから、あって当たり前になり、
最終的には軽く扱ってしまうようになってしまう。
恐ろしい習慣です。
パパから貰ったクラリネット、とっても大事にしてたのに壊れて出ない音がある。
どうしよう!どうしよう!
そんな気持ちを持ち続けなきゃいけません。

この画面を見た時に、吉田は半笑いしていました。
最も出てはいけないマークの一つだと。。。

title: 骨とハサミ その意思の行方

 |  comment(0)

自宅の階段に、鳥の骨が落ちている。
普段なら拾うとこだが、数日間そのままにしている。
その骨が日々微妙に、二段づつ位に移動している。
夜な夜な、人が見ていないところで動いているのだろうか?
骨は何処かに行こうとしている。
「骨の意思。」
「子宮で考える。」と仰られる。元ミス青学と同じ様な思想である。
子宮は考えるではなく。感じるだと私は思う。
「子宮の意思」ではなく。「子宮の感覚」だと。
でも、それも意思なのか?
つい先日、三茶までタクシーで来た時に、
タクシーから降りた足下に蟹であろう甲殻類のハサミが転がっていた。
しかも、引っ張るとハサミが動くスジ的なものを剥き出しにして。
俺に引っ張れというのか?
「ハサミの意思。」
「俺は元々はハサミだ」と言う自己主張。
「昔は、これで獲物を捕っていたんだぜ!」と自慢のハサミも。
或る日、獲物と思い掴んだもののせいで捕まり、今や水辺でもなんでも無い
古くから親しまれる茶屋のあった場所に、ハサミだけで転がっている。
いや待てよ。。。
この蟹は、自分を陥れたハサミを許す事が出来ずに、
「お前のせいだ!」ハサミを捨て海に帰ったのだろうか?
いや待てよ。。。
己の不注意で、組織に多大な損害を与えてしまった蟹は、
「おい!どう!おとしまいつけるんじゃい!!」と、
その責任を取ってハサミを詰めて堅気になり、幼なじみの彼女と田舎に帰ったのか?
私には到底判る筈も無い。
世の中に存在するものは、全て意思があるのだ。
自分の身の回りの、ありとあらゆるもの達に。
それを軽視してはならない。
最後に道徳的つじつまをあわすのも、私の意思である。
その意思の行方は、私にも判らない。

人を笑わせた喜劇人ではなく、人を微笑ました喜劇人。
たこ八郎

title: これってサブカルなのか?

 |  comment(0)

昨日 嫁と大介とノセが映画を観に行った。
ほぼ同世代であるこの三人は非常に仲が良い。
彼達が本気モードで話している際には、何を言っているのかチンプンカンプンになる。
この日の三人のテンションは尋常じゃない。
嫁に至っては、今まで聞いた事が無いくらい早口である。
この三人が観に行ったのは
「エヴァンゲリヲン新劇場版」
彼達の世代は、ガッツリ ハマっている世代らしい。
我々の世代のガンダムみたいなもんだと。。。
確かにガンダムは凄かったけど、
映画館に映画観に行ったけど、
落書き帳にザクとかドム書いたけど、
俺はそんなハマってなかったかも。。。
彼達の興奮を身近に感じると、俺にとってのサブカルって何なんだろうと考えてしまう。
俺はそうやって熱くなんかを話したりしないのか?と
おおっ!!あったぞ!おれはこれだ!!!

title: 祝三周年

 |  comments(2)

今日はa-bridge三周年
ご褒美にワインを買い込んだ。
本日、仲間達と飲む為のワイン。
ビールは、なるべく飲んだら駄目なので
これからはワイン。
今日はスタッフがバッチリいるので、俺はどっかの席に座ってゆっくり飲む。
時間があったら遊びにおいで!

右から
2003 FREDERIC MAGNIEN GEVREY-CHAMBERTIN CLOS DE LA JUSTICE
ブルゴーニュワインの中でもっとも偉大な村の1つ。シャンベルタン村のクロ・デュ・ラ・ジャスティス畑の名家マニアン氏のワイン
ミディアムボディで、ダークベリーのフレーバーに熟したタンニンが心地よい。表現力豊かでバランスの良いワイン。
フランス

2000 Cerre du Lion St-Julien 
とても軽めだけどしっかりしたサン・ジュリアン。その中でも当たり年とされている2000年もの。
フランス

2005 MARQUES DE CASA CONCHA CABERNET SAUVIGNON
チリの名門ワイナリー コンチャ・イ・トロのミドルブランドのカベルネソーヴィニオン
2000haのブドウ畑を所有するチリ最大のワイナリーで、ミネラルの多いアンデスの雪解け水と、害虫の発生がほとんどないため、農薬を使用する必要がほとんどないなど、
チリならではの恵まれた条件を最大限に活かしてワイン造りを展開している。
チリ

全て私の言葉ではない。
だって まだ飲んでないもん。

title: 3周年です ありがとう!

 |  comment(0)

そう言えば
明日9月11日で a-bridgeが3周年を迎える。
今年こそは3周年パーティーやるぞ!なんて言っていたが、
気付けば その日になったので、まあいっか!で済ましてしまおう。
いつもの事だが。。。
キリがいいので5周年はやろっか!
でも5年経っても、まあいっか!って言ってそう。

3年もやらせてもらえているのは、皆様のおかげです。感謝!!
有り難うございまっス!
まだまだ当分は ここに腰を下ろして頑張らせて頂きます。
どーかひとつ!よろしく!!

解体途中の 現エーブリッヂ
今はgewgawの壁画ステンシルがあるとこ

title: ブランチ

 |  comments(2)

一昨日、王様のブランチの取材が入った。
取材と言ってもお店紹介とかじゃなくて、俳優さんとブラン娘(この言い方は古いのかな?)が、架空デートをする場所として使われた。
"架空デート"!
良い響きっすね。最近もっぱら恋バナ好きの西島君が反応しそうな言葉です。
何が行なわれていたかは、ベランダで適当にやって頂いたので判りませんが、
一応9/22にオンエアーされるようです。
うちは、そんなにお店紹介して欲しくないので、
こんな影響力の有る番組の取材を受けて大丈夫なんでしょうか?
スタッフの方々が良い人でしたので、受けちゃいました。
お店の紹介のVTRには、Immigrant's Bossa BandがBGMで使われております。
それは楽しみです!
NOBUちゃん!縁起物なんでビデっときましょう!!
ではでは、二週間後ですが気になったら見てみて下さい。
殆ど ウチかどうか判らないんじゃないかな。。。

title: 快気祝い。

 |  comment(0)

台風が去った。
いつもの台風が去った時の様な清々しさを残さず、
強烈な湿気と、置き忘れた強風までいかない程度の風を残していった。
何かムズムズする。

今日病院に行って、エコー検査の結果を聞いた。
全て正常であるとの判断を受けた。
快気祝いである。
マサハルが沖縄の土産として、泡盛を買ってきてくれた。
天候によるモヤモヤはそんなもので解消すると良い。
気持ちよく、久し振りに酔っぱらい。
モヤモヤも紛れた様な気がする。

水曜日に作成した、事務所内に設置した私専用のデスクが頭の中をリフレッシュしてくれている。
環境とは大事なものである。
環境は整った。後は実現に向けてすすんで行けば良い。

僕のオフィス
何故か机上にはウコンの力
 by シンヤ&メミのB.Dプレゼント 残3本

title: 台風!

 |  comments(2)

台風が直撃だ!
プレハブ状態の我がa-bridgeは、夕刻から激しい雨風に曝され自然の力を目の当たりにしている。
お客なんて来る筈がない!
先程 管理会社の担当が来て、台風の影響でエレベーターが止まるかも知れないのでご注意を!と言ってきた。
どう注意するんだ!
まあ 本日はどっちみち仕事にならんと思っていたので早めに閉めます。ご了承を!!

思えば、オープン間もない三年前の事、
関東を直撃した台風がありました。
どっちにしてもお客さんが全くといって来ない時期だったので、
エーブリッヂの窓側にソファーを向け、酒を飲みながら景色を眺めておりました。
その時も物凄い雨風で、天井が飛ぶんじゃないかと思ったものです。
バルコニーの木製のベンチは飛びそうになっておりました。
カウンタックのガルウィングの様に持ち上がり、
今にも飛び立ちそうな状況になっておりましたが、
止めに行くにも自分の身が危ないと判断し、
「どうか 大事故になりません様に!」とお祈りしておりました。
すると、奇跡的にベンチとベンチの間にスッポリはまり、
それ以降は微動だにしない様になり、ほっとしたものです。
本日は大丈夫なんでしょうか?

歓声と口笛が鳴っています。
全ては風の仕業です!

title: パン屋の恋

 |  comments(2)

或る男が本日カウンターにやってきた。
今 彼は恋をしているらしい。
だけど彼にとっては高嶺の花の存在の彼女
どうするべきか判らないらしい。
僕は言った。
「パン屋は好きですか?僕はあなたが好きです。」
我ながら沁みるフレーズ。因に彼はパン屋である。
行動に移すかどうかは彼次第、
もしも、万が一 そのままのフレーズを口にし、
しかも 彼女がこのブログを見てしまったら最悪である。
まあ どうなろうと知ったこっちゃないから良いか!
バラしついでに、
僕のプロポーズの言葉は
「俺の屍を越えて行け!」である。
ご免ね!こんな男で!!(嫁さん用コメント)
ルコント的なストーリー展開
映画同様、男の無骨な愛を表現出来るか?
優しく見守ってあげましょう!

title: 革靴とスラックスと私

 |  comment(0)

最近 革靴やスラックスをよくはいている。
サラリーマン時代は嫌でしょうがなかったのに
今は すすんではいている。
前に派遣されていた職場を更新しなかった時に
「もう 靴下履きたくないんです。」
と言ったのは今は昔。
やらされると嫌なもんで、しかも無条件で毎日だなんてもってのほか。
毎日ビーサン半ズボンにしろって言われても、
「俺 革靴履きたいんです!」
って、そこから脱出して 嫌っちゅうくらいスーツ着てそうな俺。
ただの あまのじゃくじゃん!
でも習慣って、だんだん恐くなっていくもの
無意識下に、おかれている行動って手に負えなそうな気がするもんね。
「無意識にやっちゃいました...」
で、取り返しのつかない事する馬鹿になりたくないし。
そもそも、どんなカレー好きでも毎日食べてりゃ、たまにはうどんも食いたくなる。
でも、カレーうどんを食ったりして。。。
ちょっと抵抗?って具合にアイデンティティーを守ろうとしたり、
インドの人は、毎日カレー食っているんだ!
って、間違った思い込みで、その場を乗り切ろうとする。
でも、ひょっとしたら、次の日はカレーうどん、その次の日はカレーシチューなんて
考え方をする事が、生き方の上手い人なのかも知れない。
どうでも良い事から、哲学的ラビリンスに迷い込んでしまいそうだ。
取り留めも無く 今日はこの辺にしておこう。

title: メロディー

 |  comment(0)

昨日はa-bridgeで隔週 木曜日に開催されている
「下道で行きましょう。」主催の書道家 久保田直樹のお誘いを受け
神奈川県民ホールで行なわれた 玉置浩二コンサートツアーに出掛けた。
思えば15年ぐらい前に渋谷公会堂(現CC LEMONホール)で行なわれた
プライマルスクリーム以来のホールコンサートである。
しかも玉ちゃんである!
客層は明らかに女性が大半を占め、我々よりも先輩方が多数占められていた。
前にもココで述べさせてもらったが、
その環境の中で若輩者という扱いを受ける事に、ちょっとした喜びを感じる今日この頃。
今回もそんなカンジでありました。

直樹氏の粋な計らいもあり、私と西島氏だけ皆様と離れた席を用意して頂き、
「好きなだけ男泣きして下さい!」とのメッセージも頂く。
席に座り「ホールは良いね〜!」と、座っておりましたら、
なんと!一曲目から総立ち!!
熱狂的な玉ちゃんファンに圧倒されながらも
俺、182センチなんですが、立ったら後ろの方々見えるのかな?
と心配しながら、中腰で立ち見しておりましたが、
でも、やっぱ玉ちゃんは、じっくり座って聴きたいとの事で、
始まって早々、見えようが見えまいがお構いなく座って拝聴させて頂きました。
勿論 ファンの方々は、全てを心得ているようで
玉サマの極上の哀愁バラードは全員が座って聴き、踊る時は踊ると使い分けておりました。

私のお目当ては、名曲「メロディー」を生で聴かせて頂きたい!
聴ければ良いな〜 聴きたいな〜でございました。
会場にいるほとんどの方々が、同じ気持ちだったようです。
「あんなにも 好きだった ...」
の歌いだしで始まるこの曲が流れた途端に会場 拍手です。
次元の違う名曲は、ごく自然に涙が溢れてくるものなのですね。
何故になのか?私にも判りませんが
優しく心を揺さぶられ、潤わされた証なんでしょうか。
周りのファンの方々も、頬をつたう涙を拭いっぱなしの2時間でございました。
チケットを手配して頂いた、直樹氏、ケイ様、彼女様ありがとうございました。

「千と千尋の神隠し」を観た時と同じ気持ちになりました。
日本に生まれて良かったと...

title: 禁酒

 |  comment(0)

禁酒 4日目!
別に宣言している訳でもないが 本日で禁酒4日目である。
ひょっとしたら三軒茶屋に来て3年になるが、最長の禁酒かも知れない。
飲んだな〜 3年間!
おそらくこの3年間で一番飲んだ飲料はビールだろう。
7年前までは下戸だったのにね。

御陰で体調は上向き!
最近 若干 気持ちが折れてたね。
下っ腹に力が入っていなかったかも!
肌寒く秋っぽい季節にもなったから しっとりとじっくりとお話がしたい感じです。
明日あたり 飲んじゃおうかな...

悲しけりゃ此所でお泣きよ!

a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG