a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2008年4月アーカイブ

title: MuKu Compilation Release!!!

 |  comment(0)

いよいよ明日!
"Muku compilation"がリリースされます!
沢山の方々の力添えを頂き、この日を迎える事が出来ました。
皆様のお陰で、こんなに素晴らしいものが生まれました。
本当に有り難うございました!
明日から三日間"MuKu Compilation RELEASE PARTY!!!"を開催します。
三日間、熱いイベントを開催致しますんで是非お越し下さい。

Muku compilationを取り扱って下さるa-bridgeの近くのお店の紹介です。
渋谷タワーレコード、下北沢ディスクユニオン、渋谷&下北レコファン、下北ヴィレッジ(5月展開)、三茶TSUTAYA
各店舗MuKu Partyのインビテーション&a-bridgeからの心ばかりのプレゼントを用意しております。
時間がございましたら寄ってからお越し下さい!

三軒茶屋TSUTAYAの視聴ブースに入れて頂きました!小舘さんありがとー!!

title: 皐月賞

 |  comment(0)

はい!当てました。
皐月賞をズコンと!!
人生初の万馬券です。
わたくし、東京生活の初日に兄に連れられて向かった先が、渋谷の場外馬券場。
世の中は平成になったばかりでありました。
イナリワン&スパークリークで、涙をのんだ有馬記念。
オグリキャップ&サクラホクトオーの馬券に全財産を注ぎ込んだ私は、六本木のバイト先に行く事も出来ず、
そのまま電話一本で退店。店長と喧嘩までする始末...
ご免なさい。あの時の店長!
前にも書きましたが、また或る時の店長に投資して頂き、馬券を11週連続外し11万円の損益を出してしまった。
また或る時の店長!ご免なさい。
そんな方々にご迷惑をかけながら、わたくし万馬券を当てました。

五百円だけどね...

title: 青春十八キセル

 |  comments(3)

昨晩、久しぶりに顔を出した男がいた。
以前、僕が会社に属していた頃、アルバイトで手伝ってもらっていた男である。
彼は現在、自分の会社を持ち、手広く頑張っている。
彼曰く、「僕は、舘一派です!」と言うが、基本的に間違っている。
彼は舘一派ではない。
そもそも舘一派等存在しない。

そんな彼の青春時代の話が笑えるので、この場所では不釣り合いかも知れないがお話しさせてもらおう。
大昔の事なので、時効と言う事で...
埼玉に住む彼は、一万円で沖縄まで行く計画を経てた。
勿論、正規の方法では行ける筈がない。
その当時の某鉄道会社は、ある意味大らかであったようで、このような事が出来たのだろう。
彼は、初乗りで限りなく遠くへ行くというテーマで、終電になればその場所で野宿すると言った暴挙で出た。
所謂、キセルである。

東京ー名古屋 ¥180
名古屋ー大阪 ¥180
大阪ー福岡 ¥180
東京から福岡まで ¥540
この数字は凄いの一言。

思いのほか、安く福岡まで辿り着けた彼は、若干財布の紐が緩み、人生初の風俗に行った。
しかし、その世界はビギナーに対して、そう優しく接してはくれない。
そう、彼は完全にボラれたのである。
ここまでは幾ら、そこまでは幾らという判り易いボラれ方だ。
余裕が出たとはいえ一万円の予算しかない彼は、これ以上無理だとその担当の方に伝える。
それを聞いた担当の方は、「しょうがないですね。支配人呼びますね。」と脅しにかかる。
慌てた彼は服を急いで着て、靴を持って裸足で逃げ出した!
身の危険を感じながら。懸命に走ったらしい。
しかし、エレクトした身体は止められる筈がなく、ビルの谷間で自慰をする。

"ビルの谷間でオナニー"

何とも甘酸っぱい青春の風景。
彼は、最終的に沖縄に辿り着いた。
しかし、九州ー沖縄間のフェリーの運賃だけで一万かかったらしい。

title: 待ってろよ! 全国!!

 |  comment(1)

本日の定休日を利用して、"MUKU COMPILATION"を置いて下さるお店限定のオリジナルCDラックを作成致しました。
デザイン&作成をしてくれたマッチャン(松山茂樹氏)、有り難うございました!

どうよこれ!良いでしょ!!

まだまだ途中ですが、全部で18台を作成予定。
(今現在、13台の予約を受けております。)

【正しい使い方】
MUKU COMPILATIONを聴きながら、MuKu Magazineを読む。
(MuKu専属モデル 西島浩史)


このCDラックごと、MUKU COMPILATIONMuKu Magazineを取り扱って下さるご協力者の方々、大募集です!
こちらまでご一報下さい。
info@muku-magazine.com

title: 「屋上喫茶階」

 |  comment(0)

東京カフェマニアの川口葉子さんの新書が出ました。
その名も「屋上喫茶階」。

屋上喫茶?

はい、a-bridgeもご紹介頂きました!

とても素敵な記事を書いて頂きました。大変光栄でございます。
a-bridgeは有り難い事に、ちょくちょくではありますが取材の依頼を受けさせて頂いております。
そんな中でも、我々の気持ちや想いを汲み取って頂く事はそう多くはありません。
変わった店と言ってしまえば、それまでなんですが...
それほど多くお話しさせて頂きませんでしたが、どういう店かズバリ文章にして頂いております。
記事にして頂いて、本当に嬉しかったです。
川口さん有り難うございました。

是非、皆様も「屋上喫茶階」を手に取って下さいませ。
川口さんの愛情を感じられる筈です。
フランスに行っているムッシュも特別参加しております。

title: 硫黄島の話

 |  comment(0)

一人でも多くの方々に観て頂きたい。

青山繁晴氏が、硫黄島の戦いについて、硫黄島の今について話されています。
1-3

2-3

3-3

我々は、今を生かされています。
だからこそ、懸命に生きなければいけない。

a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG