a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2008年5月アーカイブ

title: 二枚でどうだ!

 |  comments(2)

昼飯にカツカレーを食おうと思い、某カレーチェーンに行った。このカレーチェーンは私が高校時代から通わさせて頂いているカレー屋で、クラス一の大食漢を連れては1300gカレーを挑戦させたものだ。カウンターに座りメニューを見る。水を持ってくれた女の子は新人らしく、水の出す仕草も覚束無い。
「野菜カレーにトンカツトッピング。あっ、ロースかつのトッピングでお願いします。ご飯は少なめの200gで。」
注文を繰り返してもらったが、何を言っているか判らなかったので聞き流しといた。
数分待った後に、私の前に注文したカレーが到着する。
「ん、んっ!」
少なくしてもらったご飯の上にトンカツとロースかつ、その上に野菜カレーが掛けられている。どんだけカツ好きじゃ!
「凄いね。カツ二枚のってるじゃない。ロースカツを選んだつもりだったんだけど。2枚って勘違いさせたのかな?」
しどろもどろになる定員。
「絶対食えないから、持ち帰り用の容器貰えます?」
恐縮する定員。普通判るだろ!と思いながらも努めて冷静に対応する私。そうか、注文繰り返された時に確認されてたんだなと反省がよぎる。タッパーに食べれないカツを一枚以上入れ、食事を済ませ、袋を貰ってレジへと向かう。
「ロースかつ代は、引かせて頂きます。」
という店員さんのご厚意をお断りし、自分のミスも懺悔。
38のオッサンがカレーチェーンでカツ二枚のせなんて暴挙しないだろ!と思いながら、だいぶワイルドに感じ取ってもらったお店に店員にも「あら、そう!」なんて、若干の誇らしさ。でも、カウンターに残ったカレーの皿にしっかりとご飯とカレーを残すあたりは、見た目よりひ弱な男としてその場を去る。
普通や常識にはそれぞれの温度差が存在し、言わなくとも判ると言う事は、実は傲慢な態度であるのかも知れない。
でも、カツ二枚はなあ。。。

title: 屋上に咲く花

 |  comment(0)

四年前のa-bridgeがオープンした日に、遠方からわざわざ兄や吉田、直樹らがお店に遊びに来てくれた。
開店祝いと言う事で、皆から鉢植えの蘭のような花を頂いた。
そしてその後、植物に詳しい友人からその花が「雪だるまクィーン」と言う花である事を教えてもらう。
その花は、三年に二回しか花を咲かせない花であるという豆知識と共に。

屋上の片隅で、春も夏も秋も冬もずっと佇んでいるその鉢植え。
次の年、その鉢植えは花を咲かせた。奇麗な白い蘭のような花を
また次の年もベランダで突然、奇麗な花を蓄えた。
花を咲かす度に、その存在を知らせる鉢植え。
そして本年、四年連続で見事な花を咲かせた。
一時は室内に置いてあった鉢植えが、植物が住む本来の場所に近いところで野生化に成功したのか、四年連続で花を咲かせた。
室内に入れようかとも思うが、このままにしておこうと思う。
飼い主に似ると言うが、貰った者達のキャラクター的にも野生化というキーワードはしっくりとくる。
観てみたいと思われる方は、是非a-bridgeへどうぞ。

title: 餃子とビールとバガボンド

 |  comment(0)

昨日もお日柄が良く、沢山のお客様にご来店して頂いた。
忙しい最中に、ご飯を食べる時間も無く、軽く食べて空腹を凌ぐ感じで閉店を迎えた。
「モノ足りん!!」
珍しく自転車で帰る道すがら、下北の王将が眼に飛び込んでくる。
「餃子で一杯やっていこう。」と提案するが、嫁からはつれない返事。
S.mileのモデルのオファーを受けた彼女は、数週間後の撮影の為、無駄な食事はしないと頑なである。
「お前は冷や奴とウーロン茶飲んでろよ。」
とコチラも引き下がらない。
その時だった!
反対側から自転車に乗ったお兄ちゃんが、猛スピードでやって来てヨロついたと思いきや、
目の前で「ゲッー!!!」
おいおい、目の前でゲロ吐くなよ!
すっかり食欲も失せ、家に帰る。
家に帰ったは良いが、やはり気が済まない。
「ちょっとコンビニ!」
と徐にコンビニに向かう私、お惣菜コーナーには見るからに不味そうな餃子。
意思とは別に動く身体、餃子とビールとバガボンドを持ってレジへ向かう。
数年ぶりに飲む、お家でのおビール。蝋細工のような餃子、食べながら襲う睡魔、
だったら、王将行けば良かったと思っても後の祭り。
本日、昼からビールを流し込み、昨日の蝋を溶かそうとしている。

title: 人の言う事は...

 |  comment(0)

私は頑固者だ。なかなかの頑固者だ。
人が善かれと思って言ってくれた事を、なかなか受け入れる事をしない。
面倒臭いのだ。
自分の為に何かやると言う行為に、あまり魅力を感じていないようである。
ああ、いいや。今満足しているし、人に迷惑かけてないし。
今日、風呂に入りながら歯を磨いていた時に、自分のそんな性格を知った。
僕の奥さんは、以前歯科衛生士をしていた。
国家試験も合格し、
所謂、手に職を持っている。
その当時の合格証書を出した厚生労働大臣は、小泉純一郎元首相である。
話はそれたが...

昔から、歯磨きの仕方を妻から注意されていた。
面倒くさいので、少し聞いて他はやらないと放っておいた。
その度、歯茎が痒くなっていたりして、「言わんこっちゃない!」と怒られた。
彼女が言う歯磨きの仕方はこうだ。
やれるかな?やれないだろうなあ〜?シュビドゥバ〜♫

① 通常の歯ブラシで鏡を見て、1本1本の歯を磨く。
② ポイントブラシで、歯と歯の間を鏡を見て磨く。
③ フロスにて、歯と歯の間を磨く。
④ 舌ブラシで、舌を磨く。
⑤ 最後に、フッ素系の液体で口を濯ぐ。
未だに、⑤は実行していないので、よく指摘されます。
どうですか?面倒くさいでしょ!
大体、歯磨きに20分位かかるので、風呂に入りながら歯を磨く様になりました。
なんだかんだで、④まではクリアしている自分がいるのは、意外と頑固者ではないのか?
実行して感じる。
すこぶる調子が良い。
言ってもらえなかったら、気付かなかったな〜と考えながら、相手の存在の大事さを知る。
感謝です。
人の言う事は...
聞ける自分でありたいと常々思う頑固者である。

title: 握手

 |  comment(0)

a-bridgeでよく見る光景、男同士の熱いハグ。
言葉にしても相当キツいですが、見た目も相当キツイと思われます。
MuKu Partyのイベント終了時等によく見られる光景ですが、地方イベント等はそこら中に熱いハグが繰り広げられています。基本的に感動を共有した者通しが、高ぶる感情から、感謝、感動の表現として、相手に対する労いとして。
それを微笑ましく感じられる方々、特に女性はかなりのa-bridge通と言えるでしょう。
そう言ったスキンシップが、日常で行なわれている中で、握手という行為はいわば挨拶と言っても良い程の存在です。
「こんにちわ」「また会いましょう」「宜しくお願いします」等の感情表現を、もっと親密にする行為として。
わたくしも様々な方々と、ご挨拶をさせて頂きます。そして握手も。
そんな時に心掛けているのですが、相手の眼を見、しっかりと手を握る。痛くない程度にしっかりと。
自分の存在をしっかりと相手に伝える様に。
出会いの中で重要な行為でありますから、尚更しっかりと。
また会って話がしたいと思われるような握手をするべきだと思っております。
たまに頂く、柔らかい優しい握手は、私としてはあまり好きのなれません。
嫌々かよ!と思ってしまいます。
しかし、女性に対してはやってはいけません。
桐島カレン曰く
「女は強い。でも女の身体は強くない。」
と仰られている様に、優しくしなければなりません。
興奮して、たまに女性の手をゴリッとしてしまいます。
それは宜しくないので、女性にはお姫様のような握手を私は心掛けております。

コラムの時間でした!

title: パンダなんていらねぇ!

 |  comment(0)

隣の大国の長が来日した。いかにも強かそうな笑みを浮かべ。
まずは先制とばかりにパンダ様を2頭、年俸1億円でお貸し頂けるらしい。
私の子供の頃のアイドル、パンダを2頭もだ!
幼稚園児の頃、私はカンカンランランに会いたくて東京に行きたいと常日頃願っていた。
とはいうもの、月日の流れは恐ろしく、東京に来てからは、パンダを数回しか見に行っていない。
柵の向こう側のパンダ。あの頃人気者だったパンダ。
パンダは、そもそもチベット人の住む国に生息しているらしい。
チベット族ではなく、チベット人の、住む村でなく、住む国に。
他の国で生まれた動物を、他の国にあたかも自分のものですと言わんばかりに贈る大国。
それを有り難く貰う国。
その時点で今回の民族の問題は消滅し、チベット生まれのパンダを平和の象徴とする。
弾圧を重ねられ、無実の罪に囚われている方々を人質として
海の向うの遥か向うのチベット。
今、その国では、あの争乱の首謀者とされた僧侶が捕らえられ、無期懲役の罪で収監されている。
長野では、聖火を持った卓球少女の前でチベットの国旗を掲げ、捕らえられた。ニュースでは台湾人とされている亡命チベット人の方が、今でも日本の警察に収監されているという。
毒餃子を食べてしまった少女は未だに入院中である。
パンダ外交?
こんな有事に、そんなキャッチーなタイトルを付けるんじゃねぇ!

title: CHEL MAG

 |  comment(0)

この度スタイリストの古田ひろひこ氏の主宰するChelsea FilmsのWeb Magazine"Chel Mag"にてBlogを書かせて頂く事になりました。
テーマは「ニュース」
俺にニュースを書かせて良いのかなと思っておりますが、ド熱いのを期待されていますので期待に応え書きなぐりたいと思います。
コチラ同様チェックしてみて下さい。
私の他にも個性的な多ジャンルの方々が参加しております。
皆さんのBlogもお楽しみ下さい!

Chelmag
http://www.chelseafilms.co.jp/blog/

title: エレベーター工事中

 |  comment(0)

5月3日より、a-bridgeのある三元ビルのエレベーターが工事の為使用出来なくなっております。ということは、どういう事かと言いますと8階まで階段で来て頂けなければなりません。
連日、階段を息を切らしながら来て頂いており大変申し訳ないです。
しかし、わざわざ階段のお店まで来て頂けるなんて、本当に有り難い事です。
多分、暇になるんだろうなと思っておりましたが、連日沢山の方々に来て頂いております。
有り難うございます!
工事は、12日の18時までに終るそうなので、しばしご協力お願いします。
それでは、本日も階段の終着点でお待ちしております!

title: またまた!New スタッフ!!

 |  comment(0)

またまたニュースタッフが、a-bridgeに加わります。
いずれは、地元で自分の店を持ちたいと日々努力している男です。

安生大樹(アンジョウ タイキ)

栃木は作新学園出身、高校時代は軟式野球で全国3位になった猛者です。
熱い男ですので、皆さん可愛がってやって下さい。

title: a-bridgeが紹介されているサイトのご紹介

 |  comment(0)

屋上喫茶でも取り上げて下さった川口さんがコーナーを設けているAll Aboutのカフェのページでa-bridgeを取り上げてくれました。
川口さんいつも有り難うございます!
川口さんの文章、大好きです!
愛が溢れてて、優しいんですよね〜。
本当に嬉しいです!有り難うございます!

All About/カフェ/a-bridge


マイナビ/マイライフでもa-bridgeを取り上げて下さいました。
コチラはじっくりとお話しさせて頂き、とても楽しかったです。
ライターの多川さん、編集の多田さんお世話になりました!

マイナビ×マイライフ/a-bridge

いろんな方々が、a-bridgeと言う場所に興味を持って頂いて、何か共感を得て頂ける事はとても嬉しい事です。
有り難うございます!
これからも面白い空間、パブリックを目指していきますので応援宜しくお願い致します!

title: 渋谷FM オンエアー!

 |  comment(0)

MuKu Compilationのプロモーションということで、
渋谷FMの「SHIBUYA VILLAGE VOICE」に呼んで頂きました。
西谷さん、牛島さん有り難うございました!!
聞いてくれた人いるのかな?
皆で熱い想いを語らせて頂きました。

ぽかぽか陽気のお陽様に照らされ、番組はスタート

終始和やかに、ド素人を導いて下さったパーソナリティーの西谷さん。
この番組の前に、a-bridgeにもお忍びで来て下さったようです。
有り難うございます。これからも宜しく!

唯一の玄人。
西島浩史の締めの言葉後の満足顔。先生流石です!

最後は皆で記念撮影。
渋谷FM「SHIBUYA VILLAGE VOICE」の西谷さん、牛島さん
本当に有り難うございました!!

title: 「楽しかった!! ムクコンピリリースパーティー!!!」

 |  comment(0)

2008年5月の25日から、27日までMuKu Compilationのリリースを記念して、
参加して下さった全てのアーティストによるリリースパーティーを開催致しました。
連日、沢山の方々がお祝いに来て下さり、大盛況のうちに三日間を終えました。
本当に沢山の方々に感謝です!!
皆さんにお力添え無くして、今日は無かったと思っております。
沢山のパワーを、勇気を、感動を有り難うございました!
皆が撮ってくれた写真にて、熱かった三日間を振り返りたいと思います。

2008.04.25.1st day


Alter Bingo

今夏に、デビューアルバムをリリースするAlter Bingo
アルバム出たらリリースパーティーしようね!


Immigrant's Bossa Band

IBB.png

ご存知!御大IBB!!
a-bridge全体で大熱唱の1時間でした!!!


Canto de rua

タイトなスケジュールを押して駆けつけてくれたCanto de rua
5月15日には、初のホールコンサートを開く彼ら。
ゴールデンウィークについつい羽目を外しがちの貴方、癒されに行ってみては如何ですか?

Muku compilation!!!
沢山の方々が買って行って下さいました。有り難うございます。
a-bridgeにて絶賛発売中!


2008.04.26.2nd day


eje

gO一人になってますます世界観も音も広がったように思う。
良いチームも出来てきたみたいだし、これからが楽しみです。


E.D.O.ECHO SOUNDSYSTEM

ふたりのプロフェッショナル感が俺は好きです。
常に真面目に自分達に向き合う姿勢が!
Liveは常に最高です!四日市行こうね!!


GENZ

彼達とは長い付き合いになりましたが、あの頃からこの景色がお互いに見えていたよね。
「これが、ムーブメントっすよ!」

二日目終了!余韻を残し、また明日!!

2008.04.27,3rd day


VIVA a COMIDA

常に温かいオーラを出し続ける彼等、ステージは流石!
みんなうっとりしたり、弾んだり


familyslow

こう見えて熱い男 高橋ヒロトことfamilyslow
生憎、風邪をひいて声が出ていなかったですが、彼らしいステージを披露。
ヒロトも三日間来てくれていました。


うぐいすぱーく

このコンピが決まって一番成長したのはうぐいすぱーくのふたりじゃないかな?
「星のうた」の歌いだしで起こった皆からの歓声には鳥肌が立ちました!
これからも活躍が楽しみです。


西島浩史

この人なしにMuKuは語れません。
Mr. MuKu 西島浩史
西島トレインは、何処までも行くよ!!

三日連続で来て下さった皆さん!、遠方からわざわざ来てくださった皆さん!
ありがとうございました!!
いつもの顔、懐かしい顔、皆の笑顔が嬉しかったっす!!

三日間スタッフの皆、お疲れ様でした!
いつもありがとう!水曜日飲もうね!!

皆さんの御陰で、MuKu Compilationという新たなものが生まれました。
これは誇りに思っていい事だと私は思います。
皆様ひとりひとりの想いが現実となりカタチになった。
なんとなく来たイベントから、そこで知り合えた人との交流。
その人の魅力に触れたとき、新たなイメージが生まれ文化を育てる。
これからも沢山のカタチを生み出すイベントとして精進して参ります。
お付き合いの程、宜しくお願い致します!
次回のMuKu Partyは、6/14,15です!お楽しみに!!

a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG