a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: パンダなんていらねぇ!

 |  comment(0)

隣の大国の長が来日した。いかにも強かそうな笑みを浮かべ。
まずは先制とばかりにパンダ様を2頭、年俸1億円でお貸し頂けるらしい。
私の子供の頃のアイドル、パンダを2頭もだ!
幼稚園児の頃、私はカンカンランランに会いたくて東京に行きたいと常日頃願っていた。
とはいうもの、月日の流れは恐ろしく、東京に来てからは、パンダを数回しか見に行っていない。
柵の向こう側のパンダ。あの頃人気者だったパンダ。
パンダは、そもそもチベット人の住む国に生息しているらしい。
チベット族ではなく、チベット人の、住む村でなく、住む国に。
他の国で生まれた動物を、他の国にあたかも自分のものですと言わんばかりに贈る大国。
それを有り難く貰う国。
その時点で今回の民族の問題は消滅し、チベット生まれのパンダを平和の象徴とする。
弾圧を重ねられ、無実の罪に囚われている方々を人質として
海の向うの遥か向うのチベット。
今、その国では、あの争乱の首謀者とされた僧侶が捕らえられ、無期懲役の罪で収監されている。
長野では、聖火を持った卓球少女の前でチベットの国旗を掲げ、捕らえられた。ニュースでは台湾人とされている亡命チベット人の方が、今でも日本の警察に収監されているという。
毒餃子を食べてしまった少女は未だに入院中である。
パンダ外交?
こんな有事に、そんなキャッチーなタイトルを付けるんじゃねぇ!

コメントする

a-bridge

June 2018

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge