a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: 握手

 |  comment(0)

a-bridgeでよく見る光景、男同士の熱いハグ。
言葉にしても相当キツいですが、見た目も相当キツイと思われます。
MuKu Partyのイベント終了時等によく見られる光景ですが、地方イベント等はそこら中に熱いハグが繰り広げられています。基本的に感動を共有した者通しが、高ぶる感情から、感謝、感動の表現として、相手に対する労いとして。
それを微笑ましく感じられる方々、特に女性はかなりのa-bridge通と言えるでしょう。
そう言ったスキンシップが、日常で行なわれている中で、握手という行為はいわば挨拶と言っても良い程の存在です。
「こんにちわ」「また会いましょう」「宜しくお願いします」等の感情表現を、もっと親密にする行為として。
わたくしも様々な方々と、ご挨拶をさせて頂きます。そして握手も。
そんな時に心掛けているのですが、相手の眼を見、しっかりと手を握る。痛くない程度にしっかりと。
自分の存在をしっかりと相手に伝える様に。
出会いの中で重要な行為でありますから、尚更しっかりと。
また会って話がしたいと思われるような握手をするべきだと思っております。
たまに頂く、柔らかい優しい握手は、私としてはあまり好きのなれません。
嫌々かよ!と思ってしまいます。
しかし、女性に対してはやってはいけません。
桐島カレン曰く
「女は強い。でも女の身体は強くない。」
と仰られている様に、優しくしなければなりません。
興奮して、たまに女性の手をゴリッとしてしまいます。
それは宜しくないので、女性にはお姫様のような握手を私は心掛けております。

コラムの時間でした!

コメントする

a-bridge

June 2018

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge