a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: 二枚でどうだ!

 |  comments(2)

昼飯にカツカレーを食おうと思い、某カレーチェーンに行った。このカレーチェーンは私が高校時代から通わさせて頂いているカレー屋で、クラス一の大食漢を連れては1300gカレーを挑戦させたものだ。カウンターに座りメニューを見る。水を持ってくれた女の子は新人らしく、水の出す仕草も覚束無い。
「野菜カレーにトンカツトッピング。あっ、ロースかつのトッピングでお願いします。ご飯は少なめの200gで。」
注文を繰り返してもらったが、何を言っているか判らなかったので聞き流しといた。
数分待った後に、私の前に注文したカレーが到着する。
「ん、んっ!」
少なくしてもらったご飯の上にトンカツとロースかつ、その上に野菜カレーが掛けられている。どんだけカツ好きじゃ!
「凄いね。カツ二枚のってるじゃない。ロースカツを選んだつもりだったんだけど。2枚って勘違いさせたのかな?」
しどろもどろになる定員。
「絶対食えないから、持ち帰り用の容器貰えます?」
恐縮する定員。普通判るだろ!と思いながらも努めて冷静に対応する私。そうか、注文繰り返された時に確認されてたんだなと反省がよぎる。タッパーに食べれないカツを一枚以上入れ、食事を済ませ、袋を貰ってレジへと向かう。
「ロースかつ代は、引かせて頂きます。」
という店員さんのご厚意をお断りし、自分のミスも懺悔。
38のオッサンがカレーチェーンでカツ二枚のせなんて暴挙しないだろ!と思いながら、だいぶワイルドに感じ取ってもらったお店に店員にも「あら、そう!」なんて、若干の誇らしさ。でも、カウンターに残ったカレーの皿にしっかりとご飯とカレーを残すあたりは、見た目よりひ弱な男としてその場を去る。
普通や常識にはそれぞれの温度差が存在し、言わなくとも判ると言う事は、実は傲慢な態度であるのかも知れない。
でも、カツ二枚はなあ。。。

コメント(2)

「牛丼の大盛りご飯少な目で」的な微妙さです。

ヤクルト、ハーモニカ飲みとは、
ちと違いますか?

コメントする

a-bridge

June 2018

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge