a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2009年4月アーカイブ

title: 生マッコリ

 |  comment(0)

昨晩は世代交流と題し、男子スタッフで飲み会を開催。
最近発見した三茶の韓国料理屋で、六人の野郎どもで飲みも飲んだり4時間。
ビール、ビールで、マッコリ大会。
気付けば、生マッコリ4本完飲!
この店、サービス満点、ご飯も酒も美味しく、気持ちが良いので話しが弾みます。
若手達の食い入るような視線を感じ、ああだ!こうだ!喋り倒し。
恋バナから、人生相談まで、たっぷり話し込んだ。なかなか面白い会であった。

興奮冷めず、コンビニで酒を買い込み場所を家に移す。
酔った勢いでの買い物は、あまりにも危険。
くだらないものを大量に買い。6,800円もコンビニで使う。完全にやり過ぎ。

ビール、ワインを中心に飲み続け、気が付けば午前4時。
飲み物も無くなり、皆で西島浩史の名曲「同じ雲(仮題)」を歌う。

君が抱える悲しみを、君程感じれはしない。
でも向き合っていく事は出来るだろう。
濁った世界に生きたって、美しさを感じる心。
当たり前の様に持っている。
その心が汚れない様に、俺は君を守る。
その為だったら、手段は選ばない。

良い歌です。

何か熱くなり過ぎて、みんな情熱的になっていましたが、
とても良い会でした。
女性陣は女性陣で、ラクーアに岩盤浴に出掛けこちらもご満悦。
本日、お肌ツルツルになった女性陣とは対照的に、土気色と化した男性陣(年長組)のコントラストは、遊びの質を問われている様な気がします。
「男は馬鹿ね...」

ただ分かった事は、生マッコリは効く。
試合中殴られ続けたボクサーは、試合中痛みを感じない様に、
興奮して喋り続ければ、生マッコリの恐ろしさは感じない。
興奮冷めた本日は、本来の機能を失った内蔵に話しかけながら、労るという言葉を噛み締めている。

title: 覚悟

 |  comment(0)

title: お花見(画像あり)

 |  comments(2)

先週のリベンジで、砧公園でお花見をする。
Chelseaのお花見に参加させて頂いたので、今週二度目のお花見。
平日の昼間というのに沢山の花見客が集まり、若者達ベロベロ。
今週末のMuKu Partyに参加のうぐいすパークがスタジオを飛び出し、
桜の木の下で、桜吹雪舞う中、2時間たっぷりの公開リハ。
叔母さま達の耳を釘付けにし、ひっきりなしに声をかけられリハーサルにならないので
途中から敏腕マネジャーよろしく解説をする。
清々しい春の日差しに照らされ、お休みを満喫した。

写真を見るだけで、これは贅沢!
羨ましいと思った方は、今週末のMuKu Partyにお越し下さい。
お待ちしております。
勿論、MuKu magazine 05もご用意しております。

title: お花見(画像なし)

 |  comment(0)
a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG