a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2012年4月アーカイブ

title: モデルチェンジ

 |  comment(0)  |  trackback(0)

ちょいといろいろと段取りの準備していたら、今までのやり方だとどうにもならない事が存在した。
歯を食いしばって乗り越える事は容易いが、行き過ぎるのも良くはない。
結果、状況を全て話し辞退する事とした。
俺にしては珍しい事である。
また己の変革が必要になっている。
毎度毎度の事ではあるが、今度はマイナーチェンジではなさそうだ。
ちょいとダラダラしていてたからね。
お腹のお肉も増えて来たし...

title: 帰省

 |  comment(0)  |  trackback(0)

祖母の四十九日で帰郷。
俺がミジンコ以下だった時代からこの家に出入りしていらっしゃった方々と一日を共にし、とんぼ帰り。
若輩者で或る事を改めて感じさせてくれたので、帰りは虚勢張ってグリーン車で帰る。
無意味な優越感ではあるが、極上である事は間違いない。

title: 財布

 |  comment(0)  |  trackback(0)

財布を買った。
これまでは一年毎に買えていたのだが、チェルシーで購入した財布がすこぶる調子が良かったので躊躇していた。
様はビビっていたのだ。
最近、ビビリなのか、面倒くさいのか、慢心なのか、バイタリティーが欠如している。

俺の周りの中でも、有数のバイタリティー溢れる。
日々を大事にしている人が財布を代えようとしていた。
それにノった。酔った勢いでノった。
未だシックリきていないが、ケツの据わりの悪い方がモノは動くというものだ。

title: 生きてる事は辛くない

 |  comment(0)  |  trackback(0)

グダグダ言ってねぇ〜で、清く懸命に生きよ。
辛いと思えばそれまでさ。


title: レバ刺

 |  comment(0)  |  trackback(0)

規制によりレバ刺が食べられなくなる。
世のレバ刺ファンが、騒いでいる。
そりゃそうだ。
焼肉好きの嫁も焼肉よりもレバ刺しを目当てにしている。
そんな人も多い筈。

そんな環境にも私は好転的に考えている。
兎角この世は信頼関係の欠如により、どうにもこうにも先行かぬ様になった。
信頼のない社会は責任を生まない。
よって様々な過保護な規制がはびこって行く訳だ。
お店との関係性も然り。
「アンタだけよ!」と、レバ刺しを提供して頂けるそんな常連店を創る。
恨みっこなしの関係。

私はもう既に、二店舗確保している。

title: 家族

 |  comment(0)  |  trackback(0)

F.I.B JOURNAL 山崎円城氏のご家族に触れる。
同い年なのに、しっかりとした家族を創っている同氏に憧れと羨ましさを感じた午後。
俺に懐いてくれた末っ子の楓と十数年後飲み明かす為に、現役であり続ける事を誓った酔っぱらいの夢。

IMG00095-20120415-1542.jpg

title: 「本気で店を創る」

 |  comment(0)  |  trackback(0)

一年前に東京芸術学舎で「本気で店を創る」と云う講義をさせて頂いた。
30人近い受講する方々、全て店を実現させる意気込みで挑んだが
ひとつも私が知る限り実現していない。

本日、共に講義に参加した一級建築士松山茂樹氏(a-bridge立体部門デザイナー)と共に、その受講生さんの自宅物件を内見しに行った。
お店を創るお手伝いをする為に。
夏くらいには、「本気で店を創る」が実現しそうです。
また、この場所で進捗&お知らせをさせて頂きます。
その際は、是非宜しく御付き合い下さい!

title: Facebook

 |  comment(0)  |  trackback(0)

Facebook上でa-bridgeのページを作成した。
いいね!するだけ友達って凄いな...
でも、いいね!押してね。

Facebook / a-bridge

title: GEWGAW

 |  comment(0)  |  trackback(0)

GEWGAWの吉田とはかれこれ干支一周分の付き合い。
もとは兄貴の店に出入りした駆け出しのデザイナーだったが、今やa-bridgeのデザインワーク全てを担って頂いている。
(立体は建築士の松山茂樹)
うぐいすパークのアルバムリリースに合わせて、彼達のホームページを作成してもらった。
彼からしてはチョチョイのチョイだ。

うぐいすパークHP
http://www.uguisupark.com/

聞けばこの位の規模なら上手くやれば5万〜10万で創れると云う
(カメラマンは必要。いくらでも紹介しますが...)
地方都市にいけば、何故ホームページ創らんのだろう?と思う店や団体が多数。
一声下さい!
彼なら何とかしてくれますよ。

これも全て彼の作品
kampsite.jp

GEWGAW

MuKu magazine

Chelsea Films

Ayako Kadota Photograph

長弘進

ASA-CHANG

THINK!

title: リリパ

 |  comment(0)  |  trackback(0)

楽しい楽しいプレリリースツアーを終え、蓄えた想いをこの日に捧げる事でしょう。
うぐいすパークの2ndアルバム「ショコラン ショコラン」リリースパーティーをa-bridgeで開催します!昼間っから楽しめるプランになっております故、ご家族連れで是非お越し下さいませ。
お待ちしております!

2012.04.08.sun
うぐいすパーク2ndアルバム
「ショコラン ショコラン」リリースパーティー
fee.2,500yen with 1CD「ショコラン ショコラン」
(1family 3,000yen with 1CD「ショコラン ショコラン」 )
Open : 13:30
Start : 1st 15:00-16:00 / 2nd 20:00-21:00
LIVE うぐいすパーク guest 小池龍平
DJ's davy Bergier NOBU(Immigrant's Bossa Band) GEWGAW

http://www.a-bridge.jp/schedule/2012/04/2nd.html

では、日曜日三茶の屋上でお待ちしております!

a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG

STAFF BLOG