a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2012年6月アーカイブ

title: 説教BAR 102

 |  comment(0)  |  trackback(0)

たまにはコチラでも貼付けましょうか。
kampsite.jpにて毎週火曜日に生中継「説教BAR」
中年の老いについて語っております!


説教BAR
毎週火曜日22:00~23:30
USTREAM kampsite.jpにて生中継
http://www.kampsite.jp

title:

 |  comment(0)  |  trackback(0)

今日で四十二になった。
こんなに歳を重ねたかと改めて感じる。
気付けば、六年刻みで何だかんだが或る。
6歳になり小学校に入学し、12歳で中学校に入学する。
18歳で高校を卒業し、24歳で社会を知る。
30歳で己の行く道を定め、36歳で実感を得る。
42歳で...
当然だろ。やる事は決まってるよ。
迷いなし、惑いなし、只ひたすらに進むだけ。

沢山のお祝いありがとうございます。
己の本分を全うし、懸命に生きて参ります。
これからもどうぞ宜しく!

title: 本分

 |  comment(0)  |  trackback(0)

己で己を追い込んでいく。
そうする事によって怠け者を卒業した私。
今まさにその状況になる時期である。
有言は実行させる。
もしくは、言う以上はそのシステムを解析する。
設計図を書くと云う事だ。
沢山の設計図が、足元に散らばっている。
後は、それを今と混ぜながら現実に落とすのみ。
衝動の想いは夜中のラブレターと或る建築科が言っていた。
衝動を一晩寝かして、更に沸き上るものは本分へと変わる。
本分をわきまえ、それを担う事こそ我が人生。

title: 説教BAR

 |  comment(0)  |  trackback(0)

先日、100回目を迎えたUSTREAM番組「説教BAR」。
我々に番組を与えて下さっているkampsite.jpのゴイス福尾社長を始め、川村リーダー、丸山、松井両氏がお祝いに駆け付けてくれた。
毎週中継時に20人弱、ChelseaFilmsのBlogに毎週更新しているアーカイブで50人弱しか観られていないインディー番組にだ。
二年間掛けて毎週お送りしている結果と云えば結果だが、誉められるとこはそこしかない。
まぁしかし、それが大事であって、それが出来る我々の強さをインディペンデントと云う。
「四の五の言わずにやんなさい!」
その背中は、確実に見せていると云う自負だけはある。

title: MuKu Party42

 |  comment(0)  |  trackback(0)

昨日のMuKu Party42、お越し頂いた皆様誠にありがとうございました。
思っていた方向の半分も達成出来ませんでしたが、日々積み重ねそんなに簡単に想い通りになるとは思っておりませんので、良いスタートだったんではないでしょうか。
だって、みんな楽しかったでしょ!
私にとって、嬉しかったのは昔なじみのNOBUが、イベントの為設けたバーカウンターで
「やっぱ、タっさんの酒は美味いっすね!」と云ってもらえた事。
それだけで今回のやった意味があったんじゃないでしょうか!
二ヶ月に一度はリアル説教BARをオープン致しますので!!
是非、次回8/12(日)のMuKu Partyにお越し下さい!!!

title: 再稼働

 |  comment(0)  |  trackback(0)

熟考せずに済し崩しの再稼働。
一番解せないのは、招致している地方自治の長が何の責任も感じていないと云う事。
福島県知事を始め、市長、町長が、事故後謝罪する姿を見た事がない。
その責任の皆無感が或る以上、この国策?は成立していない。
今回の再稼働に置ける関係首長も全くもって他人事。
受け入れるならそれなりの責任を持たなきゃならん。
その意思が見えない事に腹立だしさを感じる。
そもそも国策の担い手が民間企業というのも有り得ない話。
自衛隊内にエネルギー庁を設けるしか納得出来る訳がない。
それが出来ぬ以上、再稼働は有り得ない。

一年半あれば、出来る事は或るはずだ。
それをやらずに電力問題語るのなら百姓から学べば良い。
準備を怠る先導者の明日はない。

title: 餅は餅屋

 |  comment(0)  |  trackback(0)

普段とは逆の生活時間を使って、内装工事に没頭した。
想いを詰め込んだ空間が7月に出来ると思う。
オーナーさんには、のんびりとゆっくりと自分の時間を楽しんで貰いたい。

だが、私は内装屋ではない。
場所を創り、その上でのコミュニケーションを求めているから手伝っている。
自立して己の時間を満喫し責任を明確にしようとする方々が一人でも増えて貰いたいと願っているからだ。

本日からa-bridgeへ、フルタイム復帰した。
やはり己の城は心地良い。
そんな心地良いパーティーが日曜日にございます。
私もBAR出店で参加します。(自分お店ですが)
その為にせっせと集めた酒を振る舞いたいと思っております。
お布施は宜しくね!

title: 帰って来たヒーロー

 |  comment(0)  |  trackback(0)

ええシーンや!

結果は出ませんでしたが、4番で先発出場。
今シーズン放った日本のホームランを観て、日本人No.1スラッガーだと改めて感じました。
ホームランの質が他選手と違いすぎる。
まだまだ活躍してもらいたい。

title: やびな市

 |  comment(0)  |  trackback(0)

カウンター職人を一時休憩し、明朝から福島いわきー茨城水戸へと旅に出ます。
仲間達と、酒を肴に積る話しをしに行って参ります。
町の寄り合いに参加させて頂きます。
旅の妙が全て詰まっている有り難い旅に久々に行かせて頂きます!

__________________________________

ぜんや祭 ①
「うぐいすパーク」2ndアルバムリリースツアー@いわき
2012.06.02.sat
OPEN 19:00 / START 19:30
■ 2ndアルバム付チケット2,500円
 (アルバム2,000円+1ドリンク500円)
■ 入場料(CDなし)1,500円(1D付)
◆ Cafe Uluru ー いわき市小名浜下神白三崎12-3

__________________________________

ぜんや祭 ②
2012年6月2日
LIVE 22:00(予定)
会場 : sin-e(シネイ)
22:30 説教BAR 98 特別編 in いわき sin-e


「説教BAR 98 in いわき @sin-e」22:00 O.A
 http://www.kampsite.jp
三軒茶屋a-bridgeを抜け出し、いわき やびな市 前夜祭会場アイリッシュバーsin-eからの番外編説教BAR。仲間だからお互い遠慮はしないぜ!

ゲスト
  福田耕志(POMATO / プロジェクトFUKUSHIMA! IWAKI!! /ラソチデザイン)
  高木 永 chappie (POMATO / プロジェクト FUKUSHIMA! IWAKI!! )
出演
  舘 則之(a-bridge / MuKu magazine)
  西島浩史(MuKu magazine)

__________________________________

第2回「やびな市」
2012.06.03.sun
時間 : 10:00-16:00
会場 菩提院(ぼだいいん)いわき市平字古鍛冶町59
うぐいすパーク ライブ @ 本堂 14:30 Start
西島浩史 @ 本堂 12:00 Start
__________________________________

Cafe+zakka+gallery Minerva
2012.06.03.sun
うぐいすパークのライブ
19:30 start / 21:00 close
Fee. Free (donation)
Live
 うぐいすパーク (19:30-20:20)
 西島浩史(20:40-20:50)

Cafe+zakka+gallery Minerva
〒310-0015
茨城県水戸市宮町2-3-38スターバックス2F
029-226-8688
http://web.me.com/minerva_mito/minerva/

title: カウンター

 |  comment(0)  |  trackback(0)

「本気で店を創る」の受講生の渡辺さんの成城のご自宅の一階のお店の内装にa-bridgeの設計士松山茂樹氏と、GENZのギターリストでもある和田アツシと共に久々の工事が始まった。
東京芸術学舎の授業オファーを頂いた際は、全ての受講生のお店を生むと堅く誓って挑んだが、今回の渡辺さんが私が知る限り初の本気だ。
私が創るのは常にカウンター。
三宿のチェルシーフィルムズも、市川のtorico...も、静岡のkodoNaも、中目黒のkampsite Studioも製作させてもらった。
人と人を繋ぐカウンター。
その大切さを知っているものとして心を込めて。
夏頃にゆっくりとオープンする予定。
本気になった気持ちをひとつひとつ積み上げて、誰にも惑わされる事なく自分のスピードでやって行って頂ければと思う。
店を創る極意はそこにあると、私は信じてやまないから。

a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM

STAFF BLOG