a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2012年8月アーカイブ

title: アフター説教BAR

 |  comment(0)  |  trackback(0)

中継後盛り上がる音楽談義。
昨日のラインナップ!

title: 市川の梨

 |  comment(0)  |  trackback(0)

フランス帰りのムッシュの母上から毎年送られる「市川の梨」。
千葉の梨って美味しいんだなって、森田健作よりも先に教えて頂いた。
帰国後、忙しく若干疎遠になっていた彼が、久々集まりに顔を出す。
「そう言えば、去年届いてないね。」と軽口をたたく俺。
一週間後、到着しました!「市川の梨」
どうも有り難うございます。
今も尚、コチラのブログを見て頂いている事を信じ。
お母様に御礼を申し上げたいと思います。
「有り難うございます。美味しい赤ワイン用意しております故、また遊びにいらして下さい。」
そして皆!美味しい梨を頂いたから食べにおいでよ!!

title: 植物

 |  comment(0)  |  trackback(0)

植物好きの意気の良い若造に、自宅のベランダを緑化してもらった。
カーテンを閉めない隣人とのプライバシーの為に。
パパイヤ・甘蜜柑・檸檬と食せる植物を。

IMG00225-20120823-1559.jpg

秋にはa-bridgeのベランダに桜と紅葉等を植林予定。
コーナーエンドに、大きな花壇を製作致します。
ご興味ございましたらお声掛け下さい。
彼の名は「ユックン」と云います。
良い大人に、手前の事をあだ名で呼ばせるナメた奴です。

title: レンガ

 |  comment(0)  |  trackback(0)

レンガは投げて良いらしいから、レンガを店、車、自宅に常備する事とする。
気に入らない事があったら、レンガを投げる。
人にぶつけないで、ぶつからない様に怪我しない様に投げる。
船や車にはブツけて良いらしい。これが国際ルール。

他国の人で強制送還だから、日本人の我々は、贔屓目に見ても二日くらい留置されるくらいかな。

これは!と云う際には、レンガを投げる選択肢が我々に備わったと考えれば良い。
武器を常備する事を許された67年目の終戦の日。

title: 喫茶距離感

 |  comment(0)  |  trackback(0)

何を隠そう、私はドS芸が大好きです。


120816shitasmileage 投稿者 iiiat

title: 参拝

 |  comment(0)  |  trackback(0)

終戦記念日。
敗戦を記念してどうする?って事も、時が経つにつれて云える様になったこの時代。
その当時の事を知る方達も少なくなって来た。
私に靖国神社の存在を教えてくれた祖母も、今春に天へ召された。

我が祖父は、靖国神社に祀られている。
数年前東京に住む私に、家族が「故郷に帰れ」と顔を会わす度に云われていた頃、東京に住む意味の一つとして舘家を代表し靖国に参拝する事を心の中に誓った。依頼、毎年この時期になると家族や仲間を連れてお参りさせて頂いている。
この世に生まれ、不自由なく命のやり取りをする事もなく生きている者として、参拝する事は至極当然の事で或ると思っているからだ。

例年、穏やかにこの日を迎えていたのだが、今年はどうも騒がしい。
諸外国の何ともな動きや、警察に四方を取り囲まれて守られながら聞いているコチラまでもがカチンとする様な自己主張をするデモ多数。
地元のオバ様に「嫌なら出てけば良いのに」との、罵声も投げ掛けれるてもどこ吹く風。
メッセージではなく、己の吐き出したい事だけを吐き出す公害は、故人を偲ぶかの地まで騒がしく向かって行った。
不幸を飲み込み、今を懸命に生きていらっしゃった遺族の方々に無知と云えども、どの面下げて立ち会えるのか?
感情論は、それを凌駕した者達には害にしかならない。
先の戦争が終戦して67年。
人が「オギャー!」と生まれたとしても立派な爺婆になった月日が流れても、今も尚鮮明に感情的な活動を繰り返す者達に、進歩のなさを感じざるを得ない。
これだけの月日が流れれば、何が真実かどうか?分かる由もない。
であるから物言いは慎重であるべきで、直情的なモノのリアリティーは欠如している。
自分が経験した事でさえ、怪しい時間が経過しているのだから...

私は以前から、最大の外交活動は靖国参拝だと信じている。
これだけの月日が流れて、平和に暮らしている事が何よりのメッセージであるからして、国家の為に命を捧げられた先人達に礼を尽くす事を国家を司る者としては当然の事。
そうする事によって、本当の戦後レジームからの脱却となるものである。
しかし、小泉政権以降、全くもって梨の礫。
安倍政権も麻生政権、野田政権も期待外れの行動を繰り返した。
議員として持った志は、総理大臣なって消える事があってはならない。

敗戦国としての責任は充分に成された今、未来に向けて本当の平和を語る上での参拝。
自国の代表がその決意を持たない限り、諸外国の外圧はやむ事は無いだろう。
この苦々しい思いを、これ以上続けない為に、国民の溜飲を下げる為にも、責任或る振る舞いを是非望む。
そうしなければ、この時代の平和を語る事は出来ないのだから。

title: 肯定

 |  comment(0)  |  trackback(0)

物事を進めて行く事は、肯定から始めなければならない。
どんなに不条理な事であっても、己が肯定出来るものであれば受け入れ進めていく未来。
であるからして、戦う姿勢は失ってはならない。
真に戦うかどうかは置いといて...

title: 寄り合い

 |  comment(0)  |  trackback(0)

一昔前、「仲間内じゃん」と揶揄された環境も、よりオープンな仲間内であった方が話し早いだろ!って出会いを大切にしてきた今日。
前回からより仲間内感を充実させたa-bridge唯一のハウスパーティー"MuKu Party"。
二回目にして「こういう事!」と、実感をさせて頂き楽しませて頂きました。
身近に顔を出してくれる方々、気持ちが向いていてもどうしても足が向かない方々、なかなか時間をさけず縁遠くなってしまった方々、文字通り遠方の方々、音楽とa-bridgeとを愛して下さる方々と共に、大切な一日を楽しむことが出来た事を嬉しく思っております。
どうも有り難うございました!

大阪からわざわざ来て下さったスチョリ君のライブを真に素晴らしく。
この高揚感を生んで頂いた事は間違いない。
勿論、あの時間を共にした皆もね!
そんな、僕が想うイベントの在り方(寄り合い)に、今後もお付き合い頂けますよう宜しくお願い致します。
要するに2ヶ月に一度の「先輩の呼び出し」って解釈で、ひとつ宜しく!

次回、MuKu Party 44は、19/14(日)開催!!

title: パーティー

 |  comment(0)  |  trackback(0)

イベント何てモンは、集客とか兎や角心配するもんじゃなくて、テメエが楽しめば良い。
様は、MJを国民の為に呼んだブルネイの王様みたいなもん。
そんな潔いイベントって云うかパーティーだね。
二ヶ月に一度、偶数月の第二日曜日やっております。
もちろん目一杯楽しみます!
一緒に遊びましょう!!

 
 
2012.08.12.sun
MuKu Party43
13:00 Open
LIVE
 スチョリ
 うぐいすパーク
 familyslow
DJ's
 久保田直樹、HIROTRIP、GEWGAW、U-SK、CORN、ひげホルモン

http://www.a-bridge.jp/schedule/

 
 
MuKu Partyの43回目!
今回のスペシャルゲストは大阪のシンガーソングライター"スチョリ"がa-bridgeで初ライブ!私の念願でございました!!
だからsugamesにフェンダーローズを譲ってもらいました。
何故ならば皆々様に聴いて欲しいからでございます!
その脇を固めるのはお馴染みの"うぐいすパーク"、"familyslow"。
DJは書道家・選曲家"久保田直樹"、デザイナー"GEWGAW"、familyslowの化身"HIROTRIP"、a-bridgeスタッフの面々。

お盆はゆっくり過ごすと云う例年の恒例を覆し、敢えて皆様とのんびり盛り上がろうと思っております故、特設バーカウンター「説教BAR」を、ご用意してお待ちしております!

title:

 |  comment(0)  |  trackback(0)

ライブでお世話になっている岡山の真理さんから「おかやま夢白桃」を頂いた。
UST中継の" 説教BAR "で「今年は夏なのに桃食ってないな〜」なって言ったから??
お心遣い有り難うございます!!

ただ、金メダル獲得した内村君がブラックサンダーなのに何だか申し訳ねぇっす...

peach.jpg

title: 大河ドラマ

 |  comment(0)  |  trackback(0)

長年確立されていたシステムを変化しなければならない昨今。
従来の尺度でモノを話す事は、いささか無理が或る。


大河ドラマ「平清盛」
史上最低視聴率 7.7%


数字とクオリティーが結びつかぬ、世の中の歪みのような結果。
40%を超えた最近のドラマが、どれほどのものであったか...

今まで全く興味のなかった平安の時代。
そのご脈々と続く、マッチョな時代の幕開け。
この平安末期の時代があったからこそ、不正の少ない清い国になっていったのだろうと考察する。
今の時代のヒントにもなると思われる素晴らしい作品故、DVDで視聴される事をお薦めする。

a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM

STAFF BLOG