a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2013年1月アーカイブ

title: 名人芸

 |  comment(0)  |  trackback(0)

花王名人劇場の御陰でガキの頃から落語好き。
特に西の枝雀、東の柳昇がお気に入り。
子供の頃だったからテンポとか、チャーミングさが気に入っていたんだろうけど。
大人になって聞き返すと、それだけじゃない。
子供だからこそ良いものが感覚的に分かっていたのかもね。
 
 
 

桂枝雀「牛の丸薬」


 

title: 説教BAR 132

 |  comment(0)  |  trackback(0)

人生の数え歌。
まだまだ始まったばかり。
漸くムード歌謡が歌える様になりました。 
 
欲しがりませんよ。勝つまでは... 
 
 


Video streaming by Ustream 
 
 
使わせて頂いたalbum
 NEIL YOUNG「Harvest」




 
 
主題歌
 竹原ピストル「GURU×GURU ~水野雄介MIX~」
エンディングテーマ
 竹原ピストル「最終電車は次の街へ、そしてまた次の街へ」




 

「説教BAR」 毎週火曜日22時 USTREAM Kamsite.jp にてO.A http://www.kampsite.jp/

title: Jubilee Street

 |  comment(0)  |  trackback(0)

Nick Cave & The Bad Seeds - Jubilee Street


 


歳を重ねて更に良いね。

買いに行こうとしたら2月発売だったので、amazonでCD&アナログW予約した。
全曲早く聴きたい。

title: 帰れる場所

 |  comment(0)  |  trackback(0)

昨晩は海外で頑張る(踏ん張る)二人が久々に帰って来た。
少し縁遠くなっていた者達も、今まで通り帰って来た。
店に来るではなく、帰って来ると云う感覚が、いかにもウチらしい。
空白の時間を埋めるべく、情熱的に語り尽くし、後ろ髪を引かれる様に終電で帰っていった。
帰って来れる場所を創り続ける。
己の役割に、改めて良い仕事を選んだなと嬉しくなる一日だった。
良い酒だったので今日も飲めるよ。
今日は誰が相手だい?

IMG_4785.jpg

title: 決めつけるは10万位の損

 |  comment(0)  |  trackback(0)

俺が何でも出来ると思っているのか?
もしくは財布の紐がユルユルと思われているのか?
やたらと「壊れた。壊れた。」と皆が言って来る。

「ドアが壊れた」「炊飯器が壊れた」「ホースから水が出なくなった」...等々。
たいていは、止め金具の調整、点火用の電池の交換、巻き込んだホースの絡み直し程度で補修完了。
要は壊れていない。
a-bridgeは、自分で出来る事は自分で正す=「傍観者は存在しない実行すべし」
を基本理念としている故、スタッフにもその心を伝授したいと思っている。

昨日、我が家の定期借家期限がきれた為、再契約の手はずをとった。
その際、壊れているところの修繕をお願いする事に。
エアコン二基、シャワー蛇口の水漏れ、外鉄扉の鍵修繕等。
その中のリビングのエアコン、古い機種で調子が悪く。
故に、あまり使用していない。
たまに使うと騒音が凄く、テレビの音が聞こえない程だ。
その旨を伝え、修繕担当の立会人の前でリモコンを押す。
「この音は、何かの根詰まりですね。」
ドキッ!
壊れているものと見なし一度もフィルター清掃していない俺。
そっとカバーを開ける。
これでもか!と、フェルターに纏わりつく埃。
他の点検を進めて頂く間に、掃除機で埃を吸い取り元に戻す。
古い為多少の音は出るが、問題の無いレベルに蘇生。
単純な清掃ミス。
エアコン清掃をメインとした、元デンテクノ名倉組の一員としてはお恥ずかしい限り...

壊れていると決めつければ、自らの責任を負わず他人や物のせいにする。
最も忌み嫌う考えを、自らがしてしまった。
これは年始からカッコ悪い。
またひとつお勉強して、歳をとらせて頂きます!

駄目だ!クソだ!とお嘆きの貴方も!!
きっと埃が詰まっているくらいのものである事に気付く時が来ましたよ。
多分、それくらいの事なんすよ。
埃くらいは俺達でもとれる。
埃を取るくらいじゃ誰も誉めてはくれないけどね。

誉められたい人も多いよね。
その場合は...
話が長くなりそうだから、また今度にしよう。

title: 謹賀新年

 |  comment(0)  |  trackback(0)

謹んで新春のお慶び御礼申し上げます。

昨年三月に祖母が大往生の末、天に召され、
六十数年振りに祖父と再会を果たした事と勝手ながら喜んでおります。

しかし、喪中は喪中。
例に従い、お年賀頂いたにも拘らず不義理をしてしまいまして申し訳ございません。

年末のお忙しい中、そして新年を迎えるにあたり想って頂ける喜びを感じ、
本年も共に、らしく楽しみたいと願っております。

a-bridge 舘則之

a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM

STAFF BLOG