a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2013年9月アーカイブ

title: 義の存在する報道のカタチ

 |  comment(0)  |  trackback(0)


ズバリ 汚染水問題 青山さん解説 投稿者 321buro
 
 
0ではないご時世にゼロありきの潔癖な物言いは、逆に終息を遅めている。
あっという間に三年になる。
2020年までにと云う悠長な事云わずに、乗り越えなければいけない事がある。
勉強しましょ!
鵜呑みでガチャガチャ煽り立てるのは、格好悪いし。
踏まえて乗り越えている方達に対して失礼ですよ。
そこの貴方!

title: 報道

 |  comment(0)  |  trackback(0)

終息中であるから見解の違いはあるでしょう。
当事者の話は非常に分かり易い。
大切なのは相違ではなく取り組む姿勢。
申し訳ないが、頑張って頂く以外無い。
 
 

2013-09.09 どうなる福島原発、汚染水問題・東電常務に田原総一朗... 投稿者 kigurumiutyuujin

title: 海賊と呼ばれた男

 |  comment(0)  |  trackback(0)

「海賊と呼ばれた男」を拝読させて頂いた。
僕にとっては久々の小説読み。
移動が多くなってきたからの暇つぶし。そんな軽い気持ちで手に取った小説だった。

戦前、戦中、戦後と生きる上で大変難しい時代、60歳にして戦後を迎えた店主が家族と呼ぶ社員と共に常に担うべき責任を考え困難に向かったお話。
その歳で全てを失い、そこからもう一度世の為に一生を捧げた国士。
情熱と信念が技法と概念を凌駕して行く本当にあったお話だ。
本を読んでいて嗚咽した事も初めてだったし、感動に身を震わせながら読ませて頂いた。
また新たに信念を持って行動をしようと思っていた矢先に出会ったバイブルの様な小説。
私も主人公、国岡鐵造(出光佐三氏)のように、己の本分を貫きたいと誓った。
簡単な話だが諦めたらそこで終わり、とことん諦めの悪い大人であり続けようと思う。
勿論、面倒く臭い程に情熱的にね。



a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM

STAFF BLOG