a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

2013年12月アーカイブ

title: 12/24「説教BAR 181」ゲスト

 |  comment(0)  |  trackback(0)

中野新橋時代からの恒例行事 クリスマスの夜に伊達なピアノ弾きが今宵も登場
sugames japon 「Dandyismのゆうべ」
その合間に話でもしましょか。
 
 
12/24(火) 22:00 U-STREAM kampsite.jpにてO.A
「説教BAR#181」
http://www.kampsite.jp/
お楽しみに!
 
 
 

12/24 22:00 Open
ゲスト sugames japonImmigrant's Bossa Band

3.jpg北海道出身のキーボード。7才よりピアノを始める。
1998年武蔵野音楽大学打楽器科に入学。
在学中に琵琶奏者 塩高和之氏に師事。ジャズの理論を学ぶ。
卒業後はキーボーディスト、ドラマー、パーカッショニストとして活動。
原田芳宏氏率いるパノラマスチールオーケストラでもパーカッショニストとして活動。
過去に PLAYA や Pecombo 等のレコーディング、ROOTSOUL 等のサポートなど様々なアーティストからの熱いラブコールが絶えない。


飛び込みゲスト
 さいとうりょうじ(ギターリスト)
 SuzKen(ミュージシャン)
 メリケンサック(映像などを創る人)
 松山茂樹(建築設計)
 




Video streaming by Ustream

title: 四の市

 |  comment(0)  |  trackback(0)

そうである意味を改めて知るというか、感じるというか。
数十年動いていない理由みたいなものの在処を掴んでしまったような。
今回のお話し合いも途中から聞く耳持ちませんって感じだったから、
説明するのを辞めて「ぶっちゃげ、どうすれば貸せますか?」と切り替えた。
こっちも丁寧に思っている事を言わせて貰った。「このままでいいのか?」と。
制服脱いで酒飲みながら本音で話しましょうよと。
「その方が良さそうだ」と、年配の駅長さんが言って下さった。
顔が段々柔和になっていき、上手く行く為のアドバイスを沢山頂いた。
結局は良い人に巡り会えた訳だ。
企画も面白いし、出来れば盛り上がる事も認めてくれた。
ただ、それとこれとは話は別。

結局は格の話だ。
市役所の試作であればチャンスもあるという事なので、再チャレンジする事となった。
10年やりたいが、まずは1年の試作。

何の話しかと言いますと、四日市の由来となっている四の市をファーマーズマーケットとして復活させます。
JR四日市駅前広場にて。来年の春に上手く行けば。
多分、上手く行くと思いますが...

今日は生産者さんとも話しました。
市役所の方も話しました。
皆それぞれの表情でしたがワクワクしておりました。
ちょっとワクワクしてくれたので良い話が出来たんでしょう。

何者でもない俺が、情熱的に我欲ではない話をする。
「何の為?」と首を傾げられながら... 
「愛です!」としか答えられませんでしたが、そうなんだからしょうがない。
再チャレンジ!道はそう遠くないような気がしている。

「こんな話ばかりしていたいね。」と言ってくれた駅長さんの言葉を信じているから。

title: 永遠の0

 |  comment(0)  |  trackback(0)

今週末からのロードショー
作者の百田尚樹さんが冒頭からエンドロールまで泣きっぱなしだったという話を聞いて、原作を愛するものとして愉しみにしておりました。
 
 

 

映画も勿論ですが、是非原作も読んで頂きたい。
この国の歴史がどんな教本よりも感じる事が出来る筈。
生きる事が難しき時代に真っ正面から生きるに向き合う。
潔い死ではなく、潔く生きる。
この時代が生きにくいなんて恥ずかしくて言えなくなるでしょう。
悩み多き若者達の道標として、僕はこの本をプレゼントしております。
 


title: 12/17 説教BAR#180 ゲスト

 |  comment(0)  |  trackback(0)

12/17の説教BAR#180は、盟友 松山茂樹と久し振りにシッポリ呑み交わす所存。
建築士である彼との絡みが随分少なくなってしまいましたが、年明けから久々に動き出すa-bridgeの四日市プロジェクトがございますので、そのアタリを含め温度共有を量ります。

12/17(火) 22:00 U-STREAM kampsite.jpにてO.A
「説教BAR#180」
http://www.kampsite.jp/
お楽しみに!
 
 
 

12/17 22:00 Open
ゲスト 松山茂樹(建築設計)

写真4.jpeg1975年   京都府生まれ
 両親共に工芸家と云うモノ創りの或る環境で生まれ育つ
1997年  京都精華大学 デザイン学部建築専攻 卒業
2001年~  a-bridgeプロジェクトの空間デザインを全て担う
2003年   アトリエモキ一級建築士事務所 設立
2007年〜  京都造形芸術大学 空間演出デザイン科の講師を務める。
 a-bridge sangenjaya('04) le milieu kamakurayama('10)、Riva degli Etruschi('10)





Video streaming by Ustream
 
 
途中から突然の登場!!
Special Guest 
 渡辺俊美TOKYO No.1 SOUL SET / ZOOT16

profile_photo.jpg1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。
1995年、アルバム「TRIPLE BARREL」(江戸屋レコーズ/BMG)でメジャーデビュー。様々なジャンルを取り込んだ、既成概念に捕われない独創的なサウンドは、幅広い層から支持を集める。2002年より、TOKYO No.1 SOUL SETの活動と平行し、自身の音楽的好奇心や冒険心を試みる場としてのソロユニット・THE ZOOT16としての活動をスタート。現在まで、ミニアルバムを含む、5枚のオリジナルアルバム発表している。
2004年には、無類のJAZZ好きが嵩じてスタートしたジャズ・コンピレーションCD[BRUSHING WORKS Inter Play]シリーズ(全4タイトル/VICTOR) は、ステレオタイプな世間一般のジャズ観やクラブ・ジャズ的観点とは趣を異にする選曲で、若いリスナーに新しいJAZZの楽しみ方を紐解くのに成功している。
様々なプロジェクトと同時に、テレビ東京ドラマ「週間真木よう子」の音楽担当、映画「モテキ」の企画CDへの楽曲提供など、幅広い音楽活動を行う。
2011年4月、山口隆(サンボマスター)・松田晋二(THE BACK HORN)・箭内道彦(風とロック)と共に、福島出身のミュージシャンとクリエーターで2009年に結成されたバンド「猪苗代湖ズ」(渡辺俊美はBASS担当)として、東日本大震災を受け、福島県復興支援チャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を、タワーレコード限定シングルリリース。(CD販売利益全額を福島県災害対策本部に寄付)。
さらに同年12月31日、猪苗代湖ズとして、第62回NHK紅白歌合戦に出場。

title: 武者震い

 |  comment(0)  |  trackback(0)

年の瀬って何か不安になるよね。
一年振り返っちゃったりするから尚更だ。
もう一年経ったか。。。
なんておセンチになったり、やりたい事の半分も出来なかったなぁとちょっと悔やんだり。
例年そうでもないですが、今年はちょっと感じてます。
武者震いみたいなノリのやつ。
年明けからやる事満載だから、出来っかな?と。
まぁやっちゃうんですけど、たまにはそんな不安が過ったりもするんす。
そんなですが、木曜から四日市に再度向かいます。
JR四日市駅長さんと初面談。
気合いのプレゼンに挑みます!
不安な時は行動する事。
巻き込む皆さんを少しでも幸せに出来るように挑みますね。

title: 12/10 説教BAR #179 ゲスト

 |  comment(0)  |  trackback(0)

来週12月10日の「説教BAR #179」は、F.I.B JOURNALの山崎円城氏を迎え
来年の話で鬼を笑わしたいと思います。
21:30から!USTREAM kampsite.jpより生中継。
是非!ご覧ください!!
http://www.kampsite.jp/
 
 
 

12/10 21:30 Open
ゲスト 山崎円城(F.I.B JOURNAL / 詩人)

image123-300x198.jpg1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で
公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。

1993年頃より渋谷や横浜の路上でバンドセットを持ち込んでのフリーセッションを始め、Noise on Trashに。

Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。

2003年よりF.I.B JOURNALを開始。
計5枚のフルアルバムを発表している。
ジャズパンクと称されている。

2013年は詩集を等価交換リリースした。
 





Video streaming by Ustream

title: レキシ

 |  comment(0)  |  trackback(0)

先日、床が抜けて修繕をした。
10年振りに開けた床。
骨組みの垂木が乾燥してグソグソになり折れていた。
にしても、その骨組み。
必要最小限の資材でどうにかこうにか組んでいた。
「あの時、金無かったもんなぁ〜」なんて、ちょっとキュンときた。
久々に原点を見た気がした。
新しい事をやろうとしている時に、このタイミング。
悪くないなって。
何でもかんでも未来の事に繋げようとする今日この頃。
常に、世の中にあるヒントを探している。
それも悪くない。

title: 説教BAR178 本日のゲスト

 |  comment(0)  |  trackback(0)

本日よりリニューアル致します「説教BAR」
ホストの私がお喋りしたいゲストを迎え対談させて頂きます!
第一回目のゲストは、ジャズシーンの新しいページを塗り替え続けるPlaywrightディレクター谷口慶介氏。
活動的に躍動的に音楽で発信し続ける制作者の未来についてお話しします!
21:30から!USTREAM kampsite.jpより生中継。
熱いオッサントークを是非!!
http://www.kampsite.jp/
 

121231_taniguchi-thumb-160xauto-2128.jpg谷口慶介
(Playwright / Think! Recordsディレクター・DJ)

1996年より渋谷BALLにてDJ活動をスタート。
1998年、渋谷ROCK WESTでSOIL & "PIMP" SESSIONSの「社長」こと久島氏らと共に初のオーガナイズパーティ「the Garden」をたちあげる。
今となり業界を爆進中のソイルだが、その前身とも言えるバンド「SOIL PIPE」をレジデントに掲げ「質の良い音楽の流れる庭」をキーワードにパーティを彩ってゆく。
そして、そこで出会ったバンド「playa」の音源リリースをきっかけに、 2002年レーベル「DIW THE GARDEN」を設立。「the Garden」の進化形態として、新人アーティスト/復刻問わず良質な音楽をリリースし続けている。
現在は復刻をメインに扱う"Think! Records"と、2012年10月よりスタートする新レーベル"Playwright"で現在進行形のアーティストリリースに関わっている。
レギュラーDJは偶数月第2土曜日"ReGd" @渋谷BALL。



Video streaming by Ustream

title: ありがとうございました!

 |  comment(0)  |  trackback(0)

2013年後半の怒濤の旅が終わった。
四日市方面では毎月イベントを開催し沢山の仲間達とも親交を深め、結果を出す事は出来なかったが良い準備とイマジネーションが生まれた。
そして、いわき・水戸・宇都宮・湯の山・四日市・岡山・広島・高松とお邪魔させて頂き、
沢山の方々とお友達になれた様な気がする。
今後の関係を行かすも殺すも自分次第。
大切な出会いを心から歓び、自分の出来る事で貢献していきたいと思っております!

言うまでもないが、私は、歌う事もなく、演奏する事もなく、舞う事もなく、演じる事もない。
それは担ってくれる者達と共に旅をし、どさくさに紛れ仲良くなってしまうのがいつもの手。
気付けば、行きたい場所、行ける場所。逢いたい人、逢いに行ける人が増えたなと実感。
その有り難いなぁ〜と思う気持ちを込めて、益々活動的に生きて行きたいと考えております。

私の地元で或る「四日市」も、店やマーケットの企画が進行中。
多分面白い事になると思いますので、どうぞお力をお貸し下さいませ!
そちらの進行も楽しみにして頂ければ幸いです。
そして、巻き込んだ皆様の責任を担って、楽しみながら努力していきたいと思っております。
どうぞ宜しく!

a-bridge

October 2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Archive

a-bridge BLOG

STAFF BLOG