a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: 所信表明

 |  comment(0)  |  trackback(0)

情熱的で熱く思いの詰まった夜。
4年目を迎えた場末に佇む役割の曖昧なカフェの周年イベントは、皆様にとって貴重な体験であったと信じています。月に数回の営業というハンディキャップの中、必ず毎月4日に集まって来ていただけるゲストの皆さまの初見であっても初めましてを楽しみにしてくれる姿勢は我々の原動力となっております。ありがとうございます。出来る事は限られているかも知れませんが、その期待に応える、いや超える活動をしていきたいと思っております。これは僕と貴方方との約束です。

まずは旧新丁通り商店街に木製灯篭製作展示。暗くなってしまった道を明るく致します。
既成の概念で足踏みする事なかれ、出来る事からの活動で風穴をあける。
顔が見える程の明るさではないが、ムーディーに足元を照らしますw
それを足がかりに、廃業してしまった新丁通り商店街の復活。
その商店街にギャラリー型の店舗を新丁通り商店街に立ち上げ、フクワライビルと並ぶ、この街の新なシンボルを落成させる。
店舗、工房、ギャラリー等、用途によって顔を変える空間はこの街の新たな可能性を広げる筈だ。
四日の市と商店街を復活させた後には、多目的な文化ホールの計画に入る。
この企画の話はおいおい^^
JR側を文化特区へ変貌させる。要は面白い街へ^^
ここまでしないと気が済まないw 余白と可能性を感じてしまった以上、途中で辞めるわけは行かなくなった僕の四日市のプロジェクト。所信表明ですので数年後お楽しみに^^
 
19756721_2023001167933591_1280839584571137684_n.jpg

4回目のMONACAライブ、山崎円城率いる"Percussion Session meets Madoki Yamasaki"
四日市に頻繁に変えるキッカケとなったImmigrant't Bossa BandのNOBUも参加。


19247861_2023001174600257_114843382440903733_n.jpg
 
毎月毎月3年間行動を共にしてくれている青太郎のSuzKenとケンネル青木(7月より改名)


19665501_2023001177933590_8537344161288313097_n.jpg 
 
3年と言わず10年イベントでお世話になっているDJ GUNSHIPと2年前から参加してくれているMATCH

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-bridge.jp/mtos/mt-tb.cgi/1246

コメントする

a-bridge

September 2017

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:14周年
  • Noriyuki Tachi
    Sep 16, 17. 05:39 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge