a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: パートナー

 |  comment(0)  |  trackback(0)

振り返れば修行時代ってのがあった。
フリーターから秋葉原の焼肉屋を任され、一から全てお店創りをほぼほぼ一人で経験した。寝る間を惜しみ1ヶ月で3回事故(ほぼ居眠り)を起こす程、のめり込んだw 繁盛店だったが、会社とオーナーの関係が悪化し1年半で閉店。
移転を視野に入れ1年間事務所詰めの飼い殺し後、原宿のロックカフェのディレクションに入る。外付けのプロデューサーや彼女が連れてくる者達とモメにモメ、店を立ち上げるもの絵に描いた餅案に奔走させられ、責任を取らされ店長となり火中の栗を拾うwが、好転せず関係者に多大のご迷惑をかけた。その会社を辞めるきっかけとなった経緯だ。力不足この上ないが、その当時は「ベンチがアホやから...」とエモやん感満載で退職をした。

数ヶ月後、遊びの範疇で中野新橋でバーa-bridgeを開き、その後立ち退き移転を余儀無くされ、1年半後、三軒茶屋でa-bridgeを始める。その際、食材飲料等の業者さんに頂いた名刺を元に連絡するが梨の礫。「よく電話できたな」と言われて恥ずかしながら初めて皆様にご迷惑を掛けたことを知る。そんな状況の中、唯一「おめでとうございます!」と言ってくれたのが酒卸(株)水橋の深野さんと、ビールを担当してくれた(株)キリンビールの塩見さんの同世代の二人。開店前に大いに勇気をもらった^^ あれから14年、彼達の関わる商品を売る事が店の経営だと信じて未だにやっている。業者さんではなくパートナーと^^
だから、ウチから卒業したえんとつ(松陰神社)もcafe MUSEUM(佐賀伊万里)もSloth(中野新井薬師)もキリンビールを提供し東京のお店は水橋さんが担当してくれている。その話をよくしているからのようだ。Slothのオープンに伴い深野さん達に同行させて頂き、数日後塩見さんを連れてa-bridgeに皆で来てくれた^^塩見さんは14年ぶりくらいかな。たまの想い出話も悪くないw 50を目前にし、情熱持って今に取り組む^^ 初心を思い出し,、改めて頑張ろうと思った良い飲み会だった。歴史とストーリがあれば物事を乗り越える力になる。往生際が悪くw続ける事を苦にしない僕の強みはそこから生まれている。
 
32815600_1548279621967156_4226468533338374144_n.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.a-bridge.jp/mtos/mt-tb.cgi/1275

コメントする

a-bridge

June 2018

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge