a-bridge
a-bridge

EVENT TITLE:MuKu magazine 07 Release Party

EVENT DATE:2010.01.15(Fri)

2010.01.15
MuKu magazine 07 Release Party

19:00 Start
Fee.1,500yen
LIVE
 F.I.B JOURNAL
 小池龍平
DJ
 NOBU(Immigrant's Bossa Band)
 GEWGAW
 久保田直樹
 六金一郎
 ひげホルモン


F.I.B JORNAL
元noise on trashの山崎円城が、2003年に立ち上げたポエトリージャズプロジェクト。2003年6月、シングル”OTHER SIDE JOURNAL”をヴィジュアルファッション誌”commons&sense”と共同パッケージ発売。同2003年10月に1st Album ”F.I.B HEADLINE”を発表。
2005年からはEgo wrappin’の サポートベーシストとして活躍する真船勝博に、1st Albumから参加のドラマー沼直也が正式加入。ストリートセッションに対応するトリオ編成に。
コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上に自在なスポークンワーズが絡む、現代版のビート音楽。圧巻なライブには定評がある。
2006年3月に2nd Album ”ROUTINE4229”2007年9月に3rd Album "Ordinary Folk Records" を発表。F.I.B JOURNALとは偽装報道、嘘日報の意味を持つ。
http://fib-journal.weblogs.jp/

小池龍平
2003 年結成した。ブラジリアンアコースティック・トリオ“Bophana”を経て、2006年、アメリカン・フォーク、レゲエ、ブラジリアン・ミュージック等の音楽をルーツにした“Hands of Creation”を結成。同バンドは、SUMMER SONIC 2006、朝霧Jam'06、FUJI ROCK FESTIVAL'07、SunSet Live'08等に出演。現在はバンド活動の他、小池龍平としてソロ活動や、Port of Notes、my-potのライブ・サポートメンバーとしても活動中。また小島大介'(DSK,Port of Notes)とのデュオユニット"EVEREST"等、活動幅を拡げている。2009年8月、小池龍平ソロプロジェクト"bonito"として、急逝したMJのカバーアルバム「sings MJ」を発売。SUMMER SONIC '09に出演。
http://www.myspace.com/ryuheikoike

〈Ticket〉
件名に[「MuKu magazine 07 リリパ 」ライブ予約]
と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記載頂き上記メールアドレスにお申し込み下さい。返信後受付完了となります。
Mail : info@muku-magazine.com
(返信後受付完了となります。)
〈Information〉
a-bridge
Tel 03-3418-5013(15:00~24:00)

 |  comment(0)

コメントする

a-bridge

March 2017 / SCHEDULE

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

EVENT ARCHIVE

EVENT INFORMATION

    a-bridgeでのイベントに関するお問い合わせは、下記までご連絡下さい。