a-bridge
a-bridge

EVENT TITLE:MuKu Party 33

EVENT DATE:2010.12.12(Sun)

2010.12.12.sun
MuKu Party 33
Fee . 1,500yen
a-bridgeのハウスパーティー MuKu magazine主催のMuKu Party33回目を開催!
今回もバラエティーにとんだメンツが集まりますので、1日遊んじゃいましょう!!

Live
 うぐいすパーク
 GENZ
 西島浩史
 MOtSSAN(from つくば) 他
DJ's
 GEWGAW
 HIROTORIP
 ひげホルモン
 CORN / BANBI / U-SUKE

13:00 DJ CORN
13:50 DJ U-SUKE
14:40 DJ BANBI
15:40 LIVE 西島浩史
16:00 DJ ひげホルモン
16:30 LIVE MOtSSAN
17:10 DJ HIROTORIP
18:30 LIVE うぐいすパーク
19:00 DJ HIROTORIP
20:00 LIVE 西島浩史
20:30 DJ HIROTORIP
21:00 LIVE うぐいすパーク
21:30 DJ GEWGAW
22:00 LIVE GENZ
22:40 DJ GEWGAW
23:20 fin

うぐいすパーク
地球の子守唄は、いつでも大らかな心地よいメロディーと、そよ風のような優しいうたで出来ている。 成分は愛だ。 現代の童謡として残していきたい星のうた。詰め込まれすぎた世の中に、隙間を作る愛のうた。
2007年、パノラマスチールオーケストラ、Noosaで活躍中の青木賢三(Steel Pan)と、a-bridgeのフードコーディネーターでもあるフサコ(Vo.)により結成。三軒茶屋 a-bridgeにて開催されているFree Book "MuKu Magazine"主催のイベント"MuKu Party"にレギュラー出演する等、カフェを中心に活動中。2008年 須永辰緒氏の夜ジャズイクスピアリ ジャズジャンボリー、2009年 もみじ市 野外ライブに出演。 2008年、コンピレーションアルバム "MuKu Compilation" (DIW THE GARDEN)に「星のうた」で参加。2010年7月21日に、待望の1stアルバム " Le parc où Uguisu chante "(ACADEMIC ANIMAL)をリリースする。
http://www.myspace.com/uguisupark

aa001_genz_a_ph-thumb.jpg


GENZ
2003年、ボーカルChiyoと、ギターAtsushiにより結成。独特の詩的世界観をもつChiyoと、その世界観を自らのギターやアレンジでロック、アンビエント、アコースティックに表現するat-chang。よりトリッピーに、よりオープンにその空間とコラボレーションをイメージし構成と編集を変えて挑むスタンスは、彼らの根底にある場所やジャンルにとらわれない幅広い音作りの可能性の探求そのものである。
'08年MuKu Magazineのコンピレーションアルバム「MuKu Compilation」(DIW THE GARDEN)への参加で、その世界観の片鱗を垣間見せたGENZ。RAVE会場からカフェスペースまで、音の制限を際限なくコントロールし、より優しく、より強く、宇宙規格的世界観を呈示し続けている。満を持して'09年 ACADEMIC ANIMALレーベルより1st Album「Cosmic Standard」をリリース!今、最も勢いのある。地球系 Cosmic Rookの代表的バンド。
http://www.mogella.com/genz/

MOtSSAN.jpg

MOtSSAN from つくば
つくばを拠点にあらゆる場所に顔を出す、フーテン・大工・波乗り・シンガー "MOtSSAN"が、MuKu Partry初登場!ガテン系サーフロッカー"MOtSSAN"の無骨で温かみの或る彼そのものを、是非!!皆様に感じてもらいたい!私も楽しみです!!


nishijima-thumb.png

西島浩史
1974年富山県生まれ。1997年Full Tilt Boogiesとしてインディーズデビュー。翌年、シングル「サツバツとした世界」をリリースしメジャーデビューを果たす。その後、数枚のシングルをリリースし、キャリアを積んで行くが、2001年、自らの信念とビジネスとしての音楽のギャップに耐えきれず表舞台より身を引く。サラリーマンに身を投じ、あの時は若かったと過去を笑い飛ばしつつも、「歌で世界は変わらないかもしれない。ただ目には見えないが、血が煮えたぎるような熱さや、見返りを求めない愛情の存在を確かに感じる。」とLOVE & BLUESを伝える、アンチ孤高のシンガーソングライターとして今も歌い続ける。

http://www.muku-magazine.com

予定しておりました ray tekuramori (Ray standard)のライブは、本人の都合により延期となってしまいました。楽しみにしていた方、申し訳ないです!

 |  comment(0)  |  trackback(0)

コメントする

a-bridge

March 2017 / SCHEDULE

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

EVENT ARCHIVE

EVENT INFORMATION

    a-bridgeでのイベントに関するお問い合わせは、下記までご連絡下さい。