a-bridge
a-bridge

EVENT TITLE:MuKu Party 47

EVENT DATE:2013.04.14(Sun)

MuKu10.jpgのサムネール画像

 
 

2013.04.14.sun 
MuKu Party 47 
Fee.1,500yen 
(Family ticket 2,000yen / 1Family) 小学生以下 無料
12:00 Open / 17:00 Start 
(12:00-17:00 Charge. Free )

LIVE 
 長久保寛之&小池龍平
 SuzKen 
 うぐいすパーク with Keita Inoue(Alter Bingo)
 familyslow 
 西島浩史
 
 

DJ's 
 久保田直樹
 GEWGAW
 MASU(宇宙キャンプ)
 ひげホルモン
 CORN

  
 
 
長久保寛之&小池龍平

koike.jpg小池龍平
 
1978年生まれ東京都荒川区出身、リズムギタリスト&シンガーソングライター。高校時代に初めてギターを手にし、早稲田大学ラテンアメリカ協会での活動などを経て、ブラジル音楽をはじめ各地の黒人音楽に出逢いリズムギターに傾倒していく。
2003年アコースティック・トリオ"Bophana"を結成。青柳拓次プロデュースのデビューアルバム"Bophana"の他、2枚のアルバムを発表。
2006年"Hands of Creation"を結成し、メジャーデビュー。アメリカン・フォーク、レゲエ、ブラジリアン・ミュージック等の音楽をルーツに持つ同バンドは、数々の大型フェスに出演。
2009年以降はバンド活動からソロ~サポート活動に専念。現在は畠山美由紀、Ann Sally、土生"tico"剛(Little Tempo)...など、さまざまなジャンルのミュージシャンと活動を共にしている。

◎小池龍平 official website http://ryuheikoike.com/


nagakubo.jpg長久保寛之

1971年 3月28日 東京 生まれ。
中学生の時、友達の影響によりギターを始める。
20歳頃からいくつかのバンドを経て、DJとしても活動。
2001年、lake<伊賀航(b)、北山ゆうこ(dr)、加藤雄一郎(Sax)>を結成。
2007年 Caravan のツアーメンバー、曽我部恵一ランデヴーバンドに参加。
lake、光風&GREEN MASSIVE のメンバーとして活動後、ソロ活動へ。
また、サポートミュージシャンとして、イノトモ、一十三十一、曽我部恵一、Keison 、児玉奈央などのライブに参加している。


◎TWITTER:https://twitter.com/NGKBO 
 
 
 
 
  
  
 
 

 
 

 
 
SuzKen.jpgSuzKen
http://suzken.net/

全国の野外フェスやライブハウスで活動してきたSTEREO LYNCHのベース、歌を担当。同バンドが2010年6月に活動停止することを機にシンガーソングライターSuzKenとしての活動を開始。ギターの弾き語りのライブを活動の軸とする。

2010年12月、6人のバンド編成で青山の「月見ル君想フ」にてワンマンライブ【宴之暁 ~Enno アカツキ】を行い、150人を超える動員をし、大成功を収める。また、2011年4月には早くも二回目のワンマンライブ【灯ともす日 ~ヒトモスヒ】、9月に【NIGHT SOUVENIER】、12月に【The Wave of Motion】を行い、着実に実績を積んでいく。そして2012年5月22日には待望のMotion Blue Yokohamaでのライブが決定。

今までのロックのジャンルにとどまらず、独創的な楽曲、リズム、それに乗る日本語歌詞が魅力。また競演ミュージシャンもペダルスチールギターやチェロなど様々な編成でアレンジされたライブを行っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
  
uguisu_ph_201202.jpgうぐいすパーク
 http://www.uguisupark.com

地球の子守唄は、いつでも大らかな心地よいメロディーと、そよ風のような優しいうたで出来ている。 成分は愛だ。 現代の童謡として残していきたい星のうた。詰め込まれすぎた世の中に、隙間を作る愛のうた。2007年、STARS ON PAN等でも活躍中のスティールパンプレイヤー青木賢三(Steel Pan) と、a-bridgeのフードコーディネーターでもあるフサコ(Vo.)により結成。三軒茶屋 a-bridgeにて開催されている"MuKu Magazine"主催のイベント"MuKu Party"にレギュラー出演、2009年 もみじ市 野外ライブに出演する等、カフェを中心に活動中。 2008年 コンピレーションアルバム "MuKu Compilation" (DIW THE GARDEN)に「星のうた」で参加。2010年 1stアルバム " Le parc où une Uguisu chante "(ACADEMIC ANIMAL)をリリースし様々な場所や環境でライブを行い全国へと活動を拡げる。その出会いの中から生まれた2ndアルバム "ショコラン ショコラン" (ACADEMIC ANIMAL) を2012年4月11日にリリース。



 
 
 
 
 
 
 

  

familyslow.jpgfamilyslow
http://homepage3.nifty.com/familyslow/
ファミリースロウ 高橋 ヒロト
(シンガーソングライター・演奏、うた、ギター、 etc.)

高校時代からから歌をうたいはじめる 自由の森学園を卒業 自分の曲をつくりライブ活動をはじめる 専門学校(文化学院)時代に独自につくっていくっていたカタカナの造語、ファミリースロウという言葉を自分の活動名にして各地でライブ活動を始める。日本語の言葉の響きを大切にうたう。のんびりと自由な世界へ旅立つMUSIC。心地よい音色と響きにこめた祈りのようなこと。なによりも不思議な一瞬と出会うためにこれからも歌い巡ります。アートコラボレーションイベント"moonbow beach"も主宰。6曲入りの自主制作CD-Rをライブ会場などで販売。


  
 
 
 
 

 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
NISHIJIMA.jpg西島 浩史 http://www.muku-magazine.com

1974年富山県生まれ。1997年Full Tilt Boogiesとしてインディーズデビュー。翌年、シングル「サツバツとした世界」をリリースしメジャーデビューを果たす。その後、数枚のシングルをリリースし、キャリアを積んで行くが、2001年、自らの信念とビジネスとしての音楽のギャップに耐えきれず表舞台より身を引く。サラリーマンに身を投じ、あの時は若かったと過去を笑い飛ばしつつも、「歌で世界は変わらないかもしれない。ただ目には見えないが、血が煮えたぎるような熱さや、見返りを求めない愛情の存在を確かに感じる。」とLOVE & BLUESを伝える、アンチ孤高のシンガーソングライターとして今も歌い続ける。

  
 
 
 
 
 

 
 
 
  
 
 
 
DJ's
 
 
naoki_kubota_200.jpg久保田直樹 

http://blogs.yahoo.co.jp/dialogue1223

東京を拠点に活躍する書道家(久保田吟水)/ 選曲家。
コルトレーンからロス・インディオスまでをも粋にmixするその悲哀を含んだ選曲と、 和洋折衷を織り込んだ独自のプレイスタイルで、渇いた心を湿らせる。


prof_photo.pngGEWGAW

http://www.gewgaw.jp/ 

2001年より、地方からの情報発信というスタンスと視点で、ステンシルプリントのT-shirtsを中心としたグラフィック作品を展開。現在までステンシルアーティストとしての活動から、CDジャケットやWEB、フリーペーパーなどのグラフィックやディレクションなどを手掛けるグラフィックデザイナーとして幅広く活動。ファッションに消費されないスタイルを目指し、紙媒体からT-shirtsやキャンバス、壁面などの素材に、グラフィックやステンシル、コラージュといった様々な表現方法を用いて、ポップとマッドの間をアブストラクトにフィードバックし続ける、端的で詩的な作品を展開中。

 

  
 
13:00-14:00 DJ CORN 
14:00-15:30 DJ MASU
15:30-16:30 リハ
16:30-17:00 DJ ひげホルモン
17:00-17:40 LIVE 西島浩史
17:40-18:10 DJ ひげホルモン
18:10-18:50 LIVE familyslow 
18:50-19:20 DJ MASU 
19:20-20:00 LIVE うぐいすパーク
20:00-20:30 DJ 久保田直樹 
20:30-21:10 LIVE SuzKen 
21:10-21:40 DJ GEWGAW 
21:40-22:30 LIVE 長久保寛之&小池龍平
22:30-23:10 DJ 久保田直樹

 |  comment(0)  |  trackback(0)

コメントする

a-bridge

August 2017 / SCHEDULE

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

EVENT ARCHIVE

EVENT INFORMATION

    a-bridgeでのイベントに関するお問い合わせは、下記までご連絡下さい。