a-bridge
a-bridge

EVENT TITLE:melanchoic

EVENT DATE:2019.04.14(Sun)

53613663_323842665149693_7664967222497902592_n.jpg

2019.4.14.sun 
melancholic 
fee. adv ¥2,500- / day ¥3,000- 
open 18:30 / start 19:20 
LIVE 

 tio
 高橋飛夢 と ケンネル青木

DJ 
 NEEVO (ODANEEV,divideprezero)
 MiyakoIKEDA (カブキラウンジ)


32393730_1725060987576690_1176597073739382784_n.jpg

tio
 http://www.t-i-o.jp
2008年、水谷真大(Gt/Pan)、新美耕介(AGt)、下田貢(Ba)、伊藤祐介(Dr)にて、三重県四日市で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンド。
これまでに4枚のアルバムをリリースし、ライブハウスはもちろん、カフェ、ストリート、野外フェスなど、様々なシチュエーションでライブを行っている。
自主企画イベント「NUMBER」を立ち上げるなど精力的な活動を続け、2017年には泉まくらや金 佑龍をフィーチャーし話題を呼んだ「AND」をリリース。
「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」にも出演。
バンド結成10周年をむかえた2018年7月、3年ぶりのフルアルバム『Tiny Island Orchestra』をリリース。NAGOYA CLUB QUATTROでのワンマンライブを開催した。
 
 
高橋飛夢
 https://tomtakahashi.wixsite.com/
1984年、東京都大田区にてプロのギターリストの父と、芸者の母との間に生まれる。若干小学5年生にてバンドを結成後、18歳より父のバンドでベーシストとして活動する。
2011年最愛の父を亡くしたのを契機に、本格的に弾き語りを始動。シンガーソングライターとして数多くのライブに出演する。テクノユニット「C-CHICKENBOYS」のギターリストも担当し、多方面への楽曲提供及び制作、様々なバンドのサポート、PAなどマルチに活動する。
​また、2006年、企画から出演もこなす「笑死業(waraizini life works)」を発足。
本来インドアでコーヒーを飲みながら、家でぼーっとするのが幸せ。
カレーも好き。そして『音楽のある環境』に強いこだわりを貫く頑固者。
 
 
■ご予約&問合せ先
e-MAIL: info@a-bridge.jp
件名 :(melanchoic 予約)と明記ください。
公演日 お名前 チケット枚数 ご連絡先(電話番号 ご住所)をお知らせください。
返信メールで予約完了となります。(返信にお時間頂く事がございますがご了承ください。)

*定員になり次第終了させていただきますご了承ください。
*立見席でのご案内となります。
* info@a-bridge.jpからの返信メール(PCメール)を受信できる設定にてお願いします。予約返信メールの受信拒否、または迷惑メールフォルダに振り分けられる可能性があります。

a-bridge / エーブリッヂ
東京都世田谷区三軒茶屋2-14-12 三元ビルRF
Info:03-3418-501

 |  comment(0)  |  trackback(0)

コメントする

a-bridge

March 2019 / SCHEDULE

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

EVENT ARCHIVE

EVENT INFORMATION

    a-bridgeでのイベントに関するお問い合わせは、下記までご連絡下さい。