a-bridge
a-bridge
〈a-bridge〉代表 http://www.a-bridge.jp

「20世紀の子供達よ、何もせずして21世紀を迎えられるか!」と一念発起し、a-bridgeを立ち上げる。
2004年より三軒茶屋に拠点を移し、アーティストを食い物にしないリアルギャラリーを、カフェ・バー・ラウンジのような空間にて展開中。Chelsea Films BLOGもどうぞ。

title: 日本代表

 |  comment(0)

4大会連続ワールドカップ出場決まりましたね。
おめでとうございます!
おめでとうございますと言っていいのか分かりませんが、まずは祝福を。
が、しかし、監督が世界をアッと言わせるというのだから、ここは通過点と評価すべき。
昨晩の試合も、一点リードしてからのバタバタ感。
格下相手の試合とは思えない、落ち着きに無さが気に入らない。
しっかりボールキープして、隙あらば追加点を虎視眈々と狙う大人のサッカーをしてもらいたかったところ。
結果をしってからの観戦だったので、前半で観るのをヤメてしまいました。

大丈夫か?日本代表!
多分大丈夫でないので、勝手に日本代表の今後について考えてみました。
異論反論はコメントの方へ。

まずは選出からもの申しましょう!
今のままの選出で、世界をアッと言わせれる程、世界は甘くはない。
かと言って、選手を代えたからと言って成果が出るとは言えないが、今のまま挑むのはあまりにも無作為。
現代表のベストゲームとも言われている。今年始めのホーム、オーストラリア戦でのスコアレスドロー。
この結果で限界を感じた人も多い筈。
ベストゲームでスコアレスドロー。
しかも、得点機は遠藤のミドルぐらい。
だったら、ごっそり代えちゃいましょう!
特に前。
あまりにも心もとない。まずはFW、言ってもセンターですよ。
センター?
いないんですよ。日本にはと嘆いておりましたが、いるんです戦えるFWが海外に二人も。
まずは、既に話題になっている和製ロナウドこと森本です。
基本、和製ホニャララと呼ばれるものは大成しませんが、彼はブレイクしかかっておりますね。
結果を重んじられるイタリアで、2009年インパクトを残した若手と評されております。
といっても22歳ですけどね。
私の持論として、攻撃的な日本人選手が海外でプレーする場合は、弱いチームに入ったらいけないと思っている。弱いチームは戦術がない。故にトップは、ロングボールの対応、所謂フィジカルに強く、ポジショニングに長けていなくてはいけない。世界をマーケットにしているトップリーグで、わざわざ日本人に白羽の矢を立てる物好きチームはなく。経営的(スポンサー目当て)に穫ったとしても、サイドに使われるのが関の山。日本人の出る幕は無い。移籍する場合は二部リーグか、少しレベルに低いリーグの上位チームに移籍するのがベスト。セルティック、レンジャース、FCポルト、スポルティングなんかが最高ランク。その持論は今でも変わっていない。しかし、カターニャという弱いチームにいながら、1トップを張っている。イタリアが誇る名GKゼンガが監督を務め、その彼が認めた若き日本人ストライカーのポテンシャルに期待してセンターの1トップに配置したい。バックアップには高原と言いたいとこですが、コンディションがよくなさそう。若い大迫と言う手もありますが、ここは戦えるFW、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャの2部リーグで、結果だけを求められ続けて孤軍奮闘している福田健二を呼んで頂きたい。成功と挫折を繰り返す彼が、大舞台で爆発する可能性は無くはない。これだけ真面目にサッカーに取り組んでいればきっとミラクルも起こるはず。そんな選手がいなければベスト4など無理でしょ。そんな期待で是非呼んで頂きたい。

本田の加入で、層を増したMF。
もうひとり忘れていませんか?
前日本代表監督オシムさんが一番好きな日本人選手と言い切る程の才能の持ち主。
水野晃樹。
ウィングの右のバックアップには彼を!
俊輔という絶対的な選手がいるが、フォーメーションを代えてでも局面に使って頂きたい選手だ。
スコティッシュプレミアの名門セルティックでなかなか出番を貰えていないが、確実に成長をしている水野。
たまの出場で見せるキレキレの右サイドの突破は、かなり面白い存在。自らが決めようとする貪欲さも芽生えてきており、局面を打開出来る選手に成長。ちょっと楽しいんじゃないかと思います。
基本的に、調子の良い選手を使うのが一番であります。
じゃなきゃ、アッとなんて言わせれません。
突然変異して頂くしかないんですから、可能性がある選手を使うしか無い。という事は新しい選手という事であります。

ダラダラと言いましたが、
これが私のベストメンバー

      森本
      (福田)
 松井  本田  俊輔
(金崎)(中村憲)(水野)
   遠藤  長谷部
      (稲本)
長友 闘莉王 中沢 内田
  (阿部)
     楢崎

GK
楢崎
(+誰でも良い)
DF
中沢
闘利王
長友
岩政
阿部
内田
安田理
今野
MF
遠藤
中村俊
松井
稲本
本田
中村憲
金崎
長谷部
橋本
FW
森本
福田
岡崎
玉田

あと、テレビ朝日のサッカー中継はヤメてくれ!!
ウルサ過ぎる。

コメントする

a-bridge

April 2019

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Archive

a-bridge BLOG

  • title:
  • Noriyuki Tachi
    Jun 23, 18. 02:28 PM

STAFF BLOG

まかないBLOG

    a-bridge